Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

堅調な米国株と利食い売りの中、東京株は変わらず取引を終えた





このファイル イメージは、東京証券取引所を示しています。 (毎日新聞)

東京 (共同通信) – 日経平均株価が前日に 7 か月ぶりの高値を付けた後、米国株の最近の上昇からの買いが上昇によって相殺されたため、火曜日の東京株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。

日経225指数は28,868.91で月曜日から2.87ポイント、または0.01パーセント下落して取引を終えました。 より広い Topix 指数は 3.0 ポイント、または 0.15% 下落して 1981.96 ポイントになりました。

プライムティア市場では、海運、鉱業、石油および石炭製品が下落を主導しましたが、航空輸送、サービス、および不動産問題が主な上昇者の1つでした。

トレーダーらによると、終値後の取引で長期国債利回りが上昇し、日米間の金利差拡大への期待が強まり、米ドルは133円まで上昇した。

ゲタミ総合研究所の主任研究員、神田拓也氏は「外国人投資家がポンドやユーロに対してドルを買い始めたことでドルが上昇し、ドルも円に対して上昇した」と語った。

月曜日の午後 5 時のドルは、ニューヨークの 133.27 円から 37 円、東京の 133.51 円から 53 円から 133.65 円から 67 円の間で上昇しました。

ユーロは、月曜日の午後遅くにニューヨークで1.0154-0164ドルと135.40-50円、東京で1.0233ドル-0235ドルと136.62-66円に対して、1.0159-0161ドルと135.78-82円で取引されました。

第一生命のチーフエコノミストである藤城浩一氏は、「日経平均株価が過去2週間で急上昇して29,000ポイント近くまで上昇した後、利益確定売りによって」米国株と欧州株の上昇に伴う上昇が抑えられたため、終日、株価は方向性を失った. 生命研究所。

アナリストによると、ニューヨークの弱い製造業データや中国の鉱工業生産と小売売上高のデータが世界経済の減速に対する懸念を強めたため、市場関係者はより高いレベルを求めることに消極的でした。

藤城氏は「中国中央銀行が前日に利下げを行った後、投資家は不安になった。

フィナンシャル・タイムズが火曜日に米国のヘッジファンドが日本のコングロマリットのほとんどすべての株式を売却したと報じた後、東京市場はソフトバンクグループの株式の下落によっても影響を受けた. 151円(2.6%)安の5749円。

主要な 9 月の WTI 契約が月曜日に 6 か月間の安値に一時的に下落した後、エネルギー問題は売却されました。 Inpex Oil Exploration は 25 円 (1.7%) 安の 1,466 円、精製業者の出光興産は 75 円 (2.1%) 安の 3,500 円、Eneos Holdings は 6.3 円 (1.2%) 安の 500.6 円となった。

一方、人気コメディー映画「ワンピース」のビデオゲームを制作するバンダイナムコホールディングスは、火曜日にシリーズ最新作の興行収入が過去最高を記録したとの報告を受けて、590円(5.8%)高の10,750円となった。

プライム マーケットの銘柄のうち、下位の銘柄が上位の銘柄を 953 対 790 で上回り、95 が変わらずに終了しました。

プライムマーケットの出来高は月曜日の9億9460万株から9億6965万株に減少した。

トレーダーらによると、日本の10年物国債の利回りは月曜日に0.020ポイント近く低下し、0.165%となった。投資家は、米国経済の見通しに対する懸念の中で安全資産としての債券を購入した。

READ  あなたの家の2021年の結果では、パーティーなどを見る