Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

変化する日本経済: その将来を形作る力

変化する日本経済: その将来を形作る力

2024年4月11日、ワシントンD.C.のホワイトハウスで、ジョー・バイデン米国大統領が日本の岸田文雄首相(共和党)と三者会談を行う アンドリュー・ハーニック/ゲッティイメージズ

昨日(4月11日)、日本の岸田文雄首相は米国議会の合同会議で日米関係についての重要な表明として演説した。 岸田氏は演説の中で、日本経済発展の手段として「新しい形の資本主義」の政策を繰り返し述べた。 岸田氏の演説に出席し、現在はアルマ・S・下院議員の報道官を務めるグレゴリー・ナシフ氏。

これまでの経済的障害にもかかわらず、日本は現在、成長の未来を受け入れることを望んでいます。 日本の将来を形作る可能性のある力をいくつか紹介します。

人工知能は労働力不足問題の解決に役立つ可能性がある

日本では労働力不足と高齢化が進んでいるが、「人工知能を活用して労働生産性を向上させることでそのギャップを埋めることができる」と、東京に本拠を置き世界的に事業を展開する人材紹介会社リクルートホールディングスのエディコバ・ヒサコ最高経営責任者(CEO)は昨日の友好的な会話の中で語った。イベント。 主催はニューヨーク日本人協会。

日本はどの国よりも高齢者の人口が最も多い国です。 英国デイリー・メール紙によると、日本国民の10人に1人は80歳以上だという。 国連データ。 存在 生産年齢人口が最も急速に減少 日本は先進経済国の中でも出生率が世界で最も低い国の一つで、経済成長に必要な労働者の確保に苦労している。 日本の労働力供給は減少すると予測されている 1,100万人の労働者 2024年までに。

出木場氏は、日本はこの危機に対処するために「人工知能に全面的に取り組む」べきだと述べた。 日本企業は長年、労働力不足に対処するための先進的なロボット工学やオートメーションの最前線に立っており、エディコバ氏はAIがこうした取り組みを後押しできると確信している。

日本もついにマイナス金利を逆転

先月、日本銀行は7対2で短期金利を0〜0.1%に引き上げることを可決し、マイナス金利を終了した最も遅い国となった。 日本の利上げは17年ぶりとなる。 欧州中央銀行は2014年にマイナス金利を導入した最初の国で、マイナス金利は2022年に終了した。日本が成長とデフレ圧力に苦しむ中、2016年にマイナス金利を導入したが、経済刺激にはほとんど成功しなかった。

日本のマイナス金利からの脱却は、労働力不足の深刻化を背景とした賃金上昇率の3.7%上昇と賃金の伸びが原動力となった。 印刷物のインフレ率は 2.8 パーセント。 米国の高インフレに比べれば低いように思えるかもしれないが、これを経験した日本にとっては厳しい数字といえるだろう。 ゼロ付近およびゼロ以下のインフレ ここ数年。

岸田首相はこう表現した。一生に一度のチャンス 同氏は最近の記者会見で「デフレから脱却するため」と述べたが、エコノミストらはこれが日本にとって新たなページになるとは確信していない、と日本政府は述べた。経済はまだ「正常」ではない、とフィナンシャル・タイムズ紙は述べた。 レポート

「アメリカは20年前の日本に似ている。」

「米国の状況は20年前の日本に似ている」とエディコバ氏は囲炉裏での雑談の中で語り、米国で労働年齢人口が減少する一方で高齢者の数がいかに増加しているかの一端を語った。 エディコバ氏は、米国は過去2年間、労働力の拡大に努めておらず、外国人臨時労働者を供給しているだけだと指摘する。

類似点はそれだけではありません。日本は ​​2001 年に初めて量的緩和と金融緩和政策を実験しましたが、これは広く物議を醸しました。 これは、持続的な低金利環境と巨額の財政支出と相まって、かつては世界経済において支配的な勢力になると約束していた国が、成長を促進するために劇的な財政・金融政策に舵を切りつつあることを示している。 20年前には物議を醸したが、このような政策は現在では米国で一般的となっている

経済学者たちはすでに疑問を抱いている もしアメリカが日本に頼ったら; 類似点もありますが、大きな違いもあります。

日本経済は変わりつつある:その将来を形作る可能性のある最も重要な力

READ  在庫が少なくなると、日本のエネルギー会社はスポットLNGを奪い合う