Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

夏ブルーに悩まされていませんか? 日本のメンタルヘルス会社が「夏うつ」を克服するヒントを提供

夏ブルーに悩まされていませんか? 日本のメンタルヘルス会社が「夏うつ」を克服するヒントを提供






(ゲッティイメージズ)

夏バテや食欲不振、不眠などの体の不調に加えて、やる気のなさ、気分の落ち込みなどの精神症状がある場合、それは「夏うつ」かもしれません。 毎日新聞はメンタルヘルス支援分野に取り組む企業に予防策を聞いた。

夏期うつ病は医学的診断名ではなく、6月から9月にかけて現れる季節性感情障害の一種です。 冬に起こる同様の症状を「冬季うつ病」といいます。 正確な原因は不明ですが、春先から蓄積された疲労が大きく影響していると考えられます。

日本では入学や就職などの大きなライフイベントが起こる3月から4月にかけて、疲労は徐々に増してきます。 4月下旬から5月上旬のゴールデンウイーク期間中に疲れが取れないと、梅雨が始まる6月ごろから心身に症状が出始めることがあります。

これを防ぐためには、過度の日光浴を避け、健康的な食生活を維持し、十分な睡眠をとることをお勧めします。 太陽光は自律神経を整える効果があると言われていますが、過度に浴びすぎると有害です。 夏場の強い日差しは体に負担をかけ、疲労感を引き起こす可能性があるため、炎天下での長時間の屋外活動は避けたほうが無難です。 室内温度が高いと疲労やストレスにつながる可能性があるため、人の状態に合わせて快適な室内温度を維持することが重要です。

食事は、自律神経系と精神状態に影響を与える神経伝達物質であるセロトニンを介して重要な役割を果たします。 「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンはタンパク質の一種であるトリプトファンから作られるため、肉、魚、乳製品、大豆を食べることが推奨されています。

近年、睡眠に関しては質と量の両面で研究が進められています。 厚生労働省が2月に発表した健康増進のための睡眠ガイドラインによると、推奨睡眠時間は大人で6時間以上、小学生で9~12時間、中高生で8~10時間となっている。

東京に拠点を置くアドバンテッジ・リスク・マネジメントは、スマートフォンの使用を避け、就寝前にカフェインを摂取し、冷たく通気性の良いシーツを使用することで、良好な睡眠環境を作り出すことをアドバイスしている。

カウンセリングも行う同社の担当者は「冬季のうつ症状の相談が増える一方、夏型うつと気づかず混乱を招くケースもある」と懸念する。夏バテで。」 さらに「夏うつの場合は夏バテとは対処法が異なる。夏うつの症状が出た場合は医師の診断を受け、十分な休息をとることが大切」と付け加えた。

【島田裕子】

READ  アミニ・パークはICC EAP地域T20決勝戦を開催する予定