Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

外国人「特定技能」は2024年度から82万人が日本に受け入れられる見込み

外国人「特定技能」は2024年度から82万人が日本に受け入れられる見込み





この 2023 年 1 月 11 日の資料写真には、東京の千代田区にある首相官邸が写っています。 【毎日・竹内寛】

2024年度から5年間で最大82万人の外国人「特定技能」を日本に受け入れることが関係者の話で分かった。

この数字は、特定技能ビザが導入された2019年に定められた5年間の2倍以上だ。 このビザステータスは、国内産業が深刻な労働力不足に対処するのを支援するために創設されたものだが、新たな推計では、日本は外国人材への依存度がさらに高まることが示唆されている。

「1号」に指定された技能労働者は5年間日本に滞在することができ、最高の技能を必要とする人は「2号」ビザを取得できます。 2つ目のカテゴリーは2023年4月に対象を11職種に拡大し、現在制度に含まれている12職種すべての労働者に永住権を与えるとともに、介護職員向けに無期限の就労を認める別の制度を設けた。

政府は自動車交通、鉄道、林業、木材産業をこの制度に含めることも検討している。

政府は2019年の創設時に、特定技能人材の5年間の上限を34万5150人と定めた。 2023年11月末までに日本は20万1,307人を受け入れており、新型コロナウイルス対策による国境管理による入国者の減速を受けて入国ペースは加速している。

今後 5 年間の試算は関係機関や省庁によって作成され、新たに提案された 4 つの業界が含まれています。 関係筋が明らかにしたところによると、2024年度までに現在操業している12産業の熟練労働者は製造業で17万3,300人、食品・飲料製造業で13万9,000人、建設業で8万人、農業で7万8,000人となっている。 2023 年度のこれらの産業の従業員数は、それぞれ 49,750 人、87,200 人、34,000 人、36,500 人と推定されます。

新たな4つのカテゴリーのうち、2万4500人がバスやタクシーの運転手を含む自動車交通分野に従事する見込みで、3800人が運転手、車掌、鉄道関連技術者やその他の職業として鉄道部門に加わることになる。

一部の技能労働者を含む日本で働く外国人労働者の総数は2023年10月に初めて200万人を超え、11年連続で過去最高を更新した。 これに伴い、外国人労働者を受け入れる企業には日本語研修や教育などの支援が求められる。 働く人の配偶者や子どもの生活支援は今後社会問題となるだろう。

特定技能労働者の新たな受け入れ見込み数は自民党内で議論され、3月末までに正式に決定される見通しだ。

【奥山春菜、飯田章】

READ  日本企業は中国の生産への依存を減らしようとしている