Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

外国商工会議所は日本にワクチンの展開を加速するよう促す



2021年5月24日、東京の両国国技館スポーツアリーナで、ファイザーからCOVID-19ワクチンの最初の投与を受けた後、墨田区の高齢者がボックスベンチで休んでいる (AP Photo/Eugene Hoshiko)

東京 (共同) – 米国およびその他の先進国の商工会議所は、金曜日に日本政府に、COVID-19ワクチンのゆっくりとした展開を加速するために利用可能なすべてのリソースを動員するよう要請しました.

4つのビジネス団体は、外国人を含む日本の居住者にワクチンを接種するための取り組みに感謝しているが、これまでのところ、日本は他の国と同様の進歩を遂げておらず、ワクチンによってビジネスと旅行の「大幅な」拡大が可能になっている.

「したがって、私たちは政府に、ワクチンが迅速に展開され、より幅広い年齢層に利用できるようになるように、国の重要な資源をすべて動員することにより、日本のワクチン接種プログラムを急速に拡大することを求めます」

この声明は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、米国の商工会議所、および欧州ビジネスカウンシルによって発行されました。

東京オリンピックとパラリンピック大会まであと2ヶ月、日本の首都、北海道本島、人口の多い大阪を含む8都府県は、COVID-19による緊急事態宣言が続いている。

ワクチンの進歩が比較的遅いのは、伝染性の高いインドのタイプのコロナウイルスの蔓延に対する懸念が高まっているためです。 日本は、65 歳以上の方のワクチン接種を優先しており、他の年齢層の既往症のある人がワクチンを接種できるようにしています。

予防接種で日本より先を行っている国の1つである米国は、今週初めに、Covid-19の危機のために日本に旅行しないよう国民に警告し、旅行アラートを最高レベルの4に引き上げました。

両議院はまた、日本がコロナウイルスのパンデミックに対応して国境管理をどのように実施しているかについても議論し、入国する日本人と外国人に対等な立場で検疫措置を適用するよう求めました。

彼らは、コロナウイルスの症例の増加の影響を受けているインドなどの南アジア諸国から旅行する外国人の日本への政府の入国禁止を批判し、この措置は公衆衛生の原則に基づいていないと述べた.

声明は、「日本に住む外国人の入国を、日本人の帰国よりも公衆衛生上のリスクが大きいという科学的証拠なしに禁止することは、差別的で効果のない公衆衛生政策だ」と述べた.

日本は、特別な場合を除き、在留資格を含む外国人の入国を禁止し、入国後2週間以内に国を訪問したことがある. 日本国民は、指定された施設に10日間の強制検疫を受ける必要があります。

「日本は、永住権を持つ外国人およびその近親者が日本人と同じ基準で出入国することを許可する他のG7(グループ・オブ・セブン)諸国の従来のアプローチに戻るべきです」組織は言った。 「政府にこれらの規則を直ちに修正するよう要請する」と彼は付け加えた。

READ  市長は、オレンジカウンティのマスクマンデートは緩和される可能性があると言います