Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

多くのペットの飼い主はワクチンが犬に有害であると(誤って)信じています

多くのペットの飼い主はワクチンが犬に有害であると(誤って)信じています

反ワクチン運動は犬に向けられつつある。 最近の調査データによると、アメリカの犬の飼い主の大部分が、狂犬病ワクチンを含むペットのワクチンについて疑問を抱いていることが示されています。 狂犬病はすぐに治療しなければほぼ常に致死的であり、犬への定期的なワクチン接種のおかげで、米国やその他の国ではペットや人間のウイルス性疾患の症例が信じられないほど稀になっています。

それは勉強でした 出版された 先月末、ワクチン誌に掲載されました。 著者らは、世論調査会社YouGovの協力を得て、アメリカ人の全国代表サンプルとなるよう、犬を飼っている2,000人以上を対象にオンライン調査を実施した。

参加者は、狂犬病ワクチンを含む犬のワクチンについてどう思うか尋ねられた。 研究者らは、参加者の約53%がいくつかの方法のうちの1つでワクチン接種への何らかの躊躇を表明していることを発見した。 具体的には、37%がこれらのワクチンは安全でないと感じ、30%が不要、22%が効果がないと感じていた。 また、こうした態度を表明した人は、多くの州で飼い主の義務であるにもかかわらず、自分の犬に狂犬病ワクチンを受けさせていないと報告する可能性が高かった。

ワクチン接種によって予防できる病気や危険性を軽減できる病気はたくさんありますが、狂犬病ほど恐ろしい病気はほとんどありません。 狂犬病ウイルスは幅広い哺乳類に影響を及ぼす可能性があり、通常は脳に壊滅的な感染症を引き起こします。 この感染は最終的に、混乱や攻撃性、身体機能の喪失、水に対する病的な恐怖などの恐ろしい神経症状を引き起こします。 犬や人間にこれらの症状が現れるまでに数週間かかる場合がありますが、一度発症すると、この病気は 100% 致死的です。 この病気は、これらの症状が現れる前に暴露後治療を行うことで予防できますが、これも狂犬病ワクチンに依存します。

狂犬病は続く 広く流通している 野生動物では、家畜やペットへの定期的なワクチン接種により、多くの国で人間や犬の病気の発生率が大幅に減少しています。 たとえば、2021年に米国で報告された狂犬病による死亡者数はわずか5人で、死亡率は最も高い。 年間通行料 十数年前にも見られました。

この病気は、ワクチン接種率が低い国では依然として深刻な公衆衛生問題です。 米国で狂犬病が大流行する恐れはないものの、今回の調査結果は、ワクチン全般に対する一部の人々の現在進行中の、そしておそらく増大している不信感、つまり偽情報や偽情報を広めることが多い反ワクチン推進派によって不信感が増幅されていることを反映しているようだ。 ワクチンに関するあからさまな嘘。

「私たちの研究で記録されたワクチン流出の影響は、ヒト用ワクチンの安全性と有効性に対する信頼を回復することの重要性を浮き彫りにしています」と研究著者でボストン大学の保健法、政策、管理の助教授マット・モッタ氏は述べた。 声明 大学が発行したもの。

反ワクチン運動が続く中、 亜鉛メッキされています 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、残念ながら犬のワクチン接種反対はもはや新しい現象ではなくなっています。 2018年、米国のペットの飼い主がこの理由でワクチン接種を拒否し始めているとの報道を受け、英国獣医師協会はワクチンが犬に自閉症を引き起こすものではないことを明確にする必要があると感じた。 興味深いことに、今回の研究では、犬の飼い主の 37% が、犬のワクチン接種が犬に自閉症を引き起こす可能性があると信じていることも判明しました。

READ  サウスダコタ州とユタ州の家禽群から鳥インフルエンザが検出された