Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

多国籍企業が精査に直面しているため、POSCOはミャンマーの軍事フンタとの関係を断ち切る

BANGKOK / SEOUL-ミャンマーの多国籍企業は、軍事政権とのビジネス関係を断ち切るよう株主からの呼びかけが高まっており、韓国の鉄鋼メーカーPoscoは、オペレーショナルリスクの増大を強調して合弁事業を終了することを決定しました。

グループ会社のPoscoCoated&Color Steelは金曜日、ミャンマーエコノミックホールディングスパブリックと交渉中であると発表した。 株式会社ミャンマー軍によって管理されています-MEHLの30%の株式を購入して唯一の所有者になります。 プロジェクト、ミャンマーポスコC&Cは、建設用鋼板を製造しています。

タッマドゥとして知られるミャンマー軍が2月1日に文民政府を転覆させたとき、ボスコは当初、パートナーシップを解消することを示唆していませんでした。 しかし、軍事評議会の抗議に対する致命的な取り締まりは、世界的な非難を引き起こした。 Financial Timesのレポートによると、オランダの年金基金APGは、Poscoの保有が責任投資に干渉することへの懸念を表明しています。

日本の醸造所キリンホールディングスは、クーデター直後にMEHLとの合弁事業を停止すると述べた。 キリンはパートナーの株式を購入する交渉をしているが、進展は報告されていない。

ポスコやキリンが合弁事業を買収したとしても、株式売却による収入はMEHLに、つまりTatmadawに送られます。 この結果は、批評家からの批判を引き起こす可能性があります。

キリンの合弁事業はミャンマーのビール市場の80%近くを占めていますが、MEHLとの関係は市民の間でボイコットを引き起こしました。 多くのスーパーマーケットやレストランは、ブランドのビールの取り扱いをやめています。

ポスコはヤンゴンの合弁会社で鋼板を製造しています。 (写真提供:Bosco)

MEHLポートフォリオは、主に金融、ビジネス、宝石の利益で構成されています。 Tatmadawが管理するもう1つの持ち株会社であるミャンマー経済公社は、主に移動体通信、港湾運営、製造に携わっています。 最近の国連の報告によると、2つのグループは合計133社を監督しています。 米国商務省は、3月下旬に米国の制裁措置を講じました。

2011年に文民政府に移った後、ミャンマーはアジアの最後の経済フロンティアと呼ばれました。 東南アジアの国で事業を立ち上げた約400社の日本企業を含む多国籍企業が投資を競い合った。

しかし、外資は依然として制限の対象となっています。 多国籍企業は地元のパートナーとパートナー関係を結ぶ必要があり、通常、パートナーはTatmadawと関係があります。

ミャンマー最大の都市であるヤンゴンでは、日本の請負業者である東京不動産と藤田が共同でYコンプレックスと呼ばれる再開発プロジェクトを実施しました。 ミャンマー国防省が監修した軍事博物館があった16,000平方メートルの敷地に、ホテル、オフィスビル、商業施設の建設に約370億円(3億4000万ドル)が費やされる。

非政府組織であるジャスティス・フォー・ミャンマーは、コンソーシアムが土地を借りるために省に年間210万ドル以上を支払うことを確認したため、プロジェクトは精査の対象となりました。

ヤンゴン中心部のYコンプレックス再開発プロジェクトは、日本の不動産会社東京不動産とビルダー藤田の合弁会社によって実施されています。

2月、ミャンマーの司法を含む5つのグループが、国連人権高等弁務官事務所に対し、Yコンプレックスからの資金がミャンマー軍に資金を提供しているかどうかを調査するよう要請した。 グループはまた、軍が文民政府の管理下に置かれるまでプロジェクトを一時停止したいと考えています。

「レンタル料は地元の会社に支払う」と東京たちものは二階に語った。 「土地は政府の一部である国防省によって所有されているので、私たちは支払いがミャンマー政府にとって最終的に有益であることを理解しています。」 藤田も同様のコメントをした。

しかし、ミャンマーの憲法は、軍の指導部が国防省に職員を任命することを認めており、国防省は主に軍の管理下にあります。

東京前提は開発のためのテナントを探す努力をしているが、多くの外国企業が軍事フンタとの関係を放棄することが予想される。 支店開設を計画していた日本のオークラホテルは、3月にそこでの労働者の雇用を停止した。

Tatmadawは、JDFが資金提供するプロジェクトとも関係があります。 MECは、バゴー川に架かる橋を建設する地元の下請け業者です。これは、日本の横河ブリッジと三井住友建設会社に2019年3月に280億円で落札された契約です。

日本の横河ブリッジと三井住友建設会社は、ミャンマーのバゴー川に架かるこの橋を建設するプロジェクトの契約を獲得しました。

この橋は、ヤンゴンと日本の官民が協力して開発しているティラワ経済特区との間の交通に利用されています。 横河ブリッジは日経にMECと契約しており、「国際協力機構などと協議の上、今後の歩みを検討する」と述べた。

しかし、三井住友建設会社は、MECはプロジェクトの下請け業者ではないと述べた。

2月のクーデターとその後のミャンマーでの抗議行動の取り締まりは、近年の民主的統治に向けた進展を考えると、ミャンマーで活動している多くの企業に衝撃を与えました。

しかし、この国での軍事作戦は、以前に外国企業の監視を引き起こしました。 2017年に軍がロヒンギャの少数派を攻撃し、大規模な難民危機を引き起こしたとき、人権団体はミャンマーでの活動について東京タチモノ、藤田、キリンを批判した。

国連の報告書がミャンマーの軍事関連企業との関係を終了するよう企業に促した後、JICAはバゴー橋プロジェクトの下請け契約が2019年11月に署名されたと述べた。

READ  日本式バーは赤字を記録したが、ファーストフードチェーンの売上高は大幅に増加した