Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大ヒットした日本の漫画「鬼滅の刃」は、能の伝統的な舞台劇に採用されます。





能の演劇ポスター(c)吾峠義治/集英社大槻事務所

東京-日本の人気漫画「鬼滅の刃」が能楽に採用され、伝統芸術の巨匠によって制作され、上演されます。

「能狂言の鬼滅の刃」と題されたこの劇は、人間国宝・文化功労者賞を受賞した大槻ポンゾが司会を務め、能楽学校で主人公を演じることが多く、野村萬斎が演じる。泉。 コメディ劇場俳優「京人」。

集英社の人気漫画週刊少年ジャンプ「鬼滅の刃」に、漫画家吾峯浩によるシリーズ「鬼滅の刃」が掲載されました。 2016年2月から2020年5月の間に、23巻のタイトルが利用可能になります。 人間と悪魔についての悲しい話を描いて、電子版を含めて、合計1億5000万部以上が売られました。 『悪魔の殺し屋-鬼滅の夜ば-映画:無限の列車』の脚本は、日本の興行収入で400億円(約3億2600万ドル)を超えました。

劇のテーマは大まかに「人間は鬼であり、鬼は永遠の想いを織り交ぜて踊る人間でもある」と大まかに言い換えられます。 主人公の竈門炭太郎と妹のねずこ役は、能のカンジに似た主人公の大槻陽一が演じます。 マスターポンゾは5位のロイも演じ、マンサイは敵役のムザンキブツジなどのキャラクター役を演じます。 脚本は木下歌舞伎カンパニーを率いる木下雄一が担当します。

劇は7月26日から31日まで東京都中央区の観世能楽堂で、12月9日から11日まで大阪中央区の大槻能楽堂で上演されます。

(文化ニュース課廣瀬昇氏による日本語原作)

READ  ジョージア映画祭が東京で開催