Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大企業がCOVID-19株から脱却するにつれ、日本銀行の信用は急激に低下している

東京:昨年の流行によるスパイクからの企業資金需要が安定したため、日本の銀行債務は4月に急激に落ち込んだ、データは木曜日に示した、中央銀行の壁は壁経済を通して機能していることを示している。

しかし、地方銀行や信用組合による延長融資は増え続けており、中小企業の財政状態は厳しく、小売業者はCOVID-19の流行によって大きな打撃を受けていることを示しています。

大蔵省を統括する日銀事務局長の葛西誠氏は、「全体として、財政状態の引き締めは見られない」と述べた。

「しかし、部門と企業の間には違いがあります。一部の企業は販売を減速させています。」

日本銀行のデータによると、4月の総貸付額は4.8%増の579.6兆円(5.3兆米ドル)で、昨年5月以来の最低水準である3月の6.2%の利益から大幅に減少した。

景気後退の主な原因は、大企業の金融需要の減少であり、一部の企業は、世界的な需要の復活による利益の増加の恩恵を受けて債務を返済していました。

大企業を中心とした大手銀行の貸出は、3月の6.7%から4月には3.9%に減少した。

対照的に、主に地方の小規模企業を対象とする「信用金庫」信用組合の信用残高は、8.3%増の7兆6500億円を記録した。 3月には8.6%上昇した。

葛西氏によると、昨年5月と6月に延長された多額の融資を返済し、エピデミックの初期の影響に対応するために資金を蓄えた企業もあるため、融資の伸びは前年比で鈍化すると予想される。

日本経済は第1四半期に縮小した可能性があり、アナリストは、ウイルスの蔓延を食い止めるための新たな緊急制裁が消費を冷やし続けているため、4月から6月に回復すると予想しています。

(US $ 1 = 109.6300円)

(ライカ木原による報告;スリナバラトナムの編集)

READ  キャピタルコール:日本の女性ショーは失敗する