Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大使は、韓国と日本の首脳間の相互訪問がすぐに再開されることを望んでいます

駐日韓国大使は、戦時中の労働問題で深刻な打撃を受けた両国関係の改善に向けて、両国首脳が「予想よりも早く」相互訪問を再開できることへの期待を表明した。

共同通信との最近のインタビューで、ユン・タク・ミンは、2011年以来停止されていた、首脳が定期的にお互いの国を訪問する、いわゆる「シャトル外交」の再開の可能性に触れた.

2022年11月17日、東京でのインタビューで話すユン・タクミン駐日韓国大使。 (京都)

7月に駐日大使に就任した尹氏は、韓国の尹淑烈(ユン・ソクヨル)大統領が日本を訪問する可能性を否定しなかった。

尹氏の訪問中には、北朝鮮の挑発を含む国際問題も議題になると予想される、と尹氏は述べた。 北朝鮮は今年に入ってから数回にわたりミサイルの発射実験を行っている。

5月の就任以来、前任者の文在寅在任中に東京とソウルの関係が最低点に達した後、ユンは日本との関係を改善しようとしてきた.

ユン首相は今月、カンボジアで開催された地域首脳会議の際に日本の岸田文夫首相と会談し、戦時中の労働問題の早期解決に向けて協力した。

韓国大使は、両国は「両国国民に受け入れられる」これらの問題の解決策を見つけるために「多大な努力を払っている」と述べた.

ユン氏は、2015 年の二国間協定から学んだ教訓に照らして合意に達するには、国民の支持が不可欠であると述べたが、関係当事者からの反対に会った.

日本と韓国は、2015 年 12 月に、戦時中に日本の軍の売春宿で「慰安婦」として働いていた韓国人をめぐる長期にわたる論争を「最終的かつ取り返しのつかない形で」解決するという画期的な合意に達しました。

2015 年の合意の下で、日本は元慰安婦と遺族に財団を通じて 10 億円 (720 万ドル) を支払った。 しかし、一部の女性はそれを受け入れることを拒否し、代わりに日本に公式の謝罪と補償を要求した.

2017年に政権を握った文政権は後にこの取引に「深刻な欠陥がある」と非難し、財団は2019年に解散した。

ユン氏は、日本企業資産の清算に先立ち、戦時賠償問題を解決する緊急の必要性があると述べた。

文在寅政権時代、韓国の裁判所は日本企業2社から押収した現地資産の清算を命じた。 三菱重工業株式会社と新日本製鐵株式会社は、1910 年から 1945 年にかけての日本の朝鮮半島植民地支配の間、強制労働の罪で告発されました。

東京の植民地支配に起因するすべての請求は、1965年に署名された二国間協定の下で「完全かつ最終的に」解決されたため、企業は賠償命令に従わなかった.

最後のシャトル外交は、当時の韓国の李明博大統領が京都で野田佳彦首相と会談し、慰安婦への賠償問題にも触れた首脳会談だった。

「この10年間、私たちは歴史問題で対立し続けてきました。その歴史に向き合いながら、未来を見据えて協力しなければなりません」とユン氏は語った。

READ  MADworld、UCOLLEX、講談社、アニモカのブランドが「GHOSTINTHESHELL」と「Fairytail」の日本をWeb3にもたらします