Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大坂なおみが全仏オープンから撤退 | 大坂なおみテニスニュース

4度のグランドスラムチャンピオンである彼は、メンタルヘルス上の理由を挙げて、全仏オープン中は報道陣に面と向かってはならないと言っていました。

日本のテニス選手、大坂なおみは、すべてのメディア活動をボイコットするという彼女の決定からの激しい落ち込みの後、全仏オープンからの撤退を発表した.

日曜日、元世界ランキング1位の彼は、試合後の記者会見を欠場し続ければ、全仏オープンからノックアウトされる可能性があると警告された.

「トーナメント、他の選手、そして私の健康状態についての最もよいことは、パリでテニスに集中するためにみんなのもとに戻るのをためらうことです」

彼は、1回戦での勝利の後、記者会見に出席しなかったとして、グランドスラムの主催者から15,000ドルの罰金を科された.


大坂なおみ選手の全仏オープン脱退声明全文


今週初め、4度のグランドスラム・チャンピオンである彼は、メンタルヘルス上の理由を挙げて、全仏オープン中に報道陣に面と向かわないと述べた.

「記者会見を見たり、出席したりすると、アスリートのメンタルヘルスに人々が関心を持っていないと感じることがよくありました」と彼は先週語った。

月曜日のツイッターへの投稿で、彼は「2018年の全米オープン以来、長い間落ち込んでいて、それに対処するのがとても大変だった」と述べた.

「私のことを知っている人なら誰でも、私が内向的であることを知っています。大会で私を見た人なら、私がよくヘッドホンをしていることに気付くでしょう。

「テニスの報道陣はいつも私に親切にしてくれましたが (特に私が持っているすべてのクールなジャーナリストには)、謝りたいと思います。
傷つく)、私は通常の演説者ではないので、世界のメディアと話す前に大きな不安を感じます。 」

「今はコートから少し離れる予定ですが、その時が来たら、ツアーと協力して方法について話し合いたいと思います。
選手、報道陣、そしてファンのために物事をより良くしてください。 」

大阪はまた、先週の警告以来、全仏オープンの初期段階を支配してきたこの問題について主催者に謝罪した.

フランステニス連盟のジル・モレトン会長は、「大坂なおみが大会を棄権したことを残念に思い、遺 and”に思う」と述べた。

彼は大坂の沈黙の約束を「独特の間違い」と表現した。

ウィンブルドン、全仏オープン、全豪オープン、全米オープンの4つのグランドスラム大会は、「彼の健康状態を確認し、サポートを提供するために」大阪に手紙を書いたと語った.

彼女はまた、自分の義務、義務を果たさなかった場合の結果、ルールはすべてのプレーヤーに等しく適用されることを思い出させてくれました。

READ  オリンピックの温暖化でホンジュラスを破ったトーンネットが日本を支えている