Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大塚製薬、スポーツ庁より「スポーツエール企業」として「シルバー」レベルの認定を取得|ニュースリリース

大塚製薬、スポーツ庁より「スポーツエール企業」として「シルバー」レベルの認定を取得|ニュースリリース

大塚製薬、スポーツ庁より「スポーツエール企業」として「シルバー」レベルの認定を取得

スポーツエール「シルバー」認定。

大塚製薬株式会社を買収大塚製薬は、従業員の体力向上や健康増進を目的としてスポーツへの参加を積極的に推進している企業にスポーツ庁が認定する「スポーツエール企業評価2024」を受賞しました。 大塚製薬は、2017年の制度創設以来、7年連続で「シルバー」レベルの認定を取得しました。

ポカリ/オンラインでも対面でも、職場での新しいワークアウト セッション
バーチャルプロジェクト「ポカリスエット Run&Walk」に参加するグループ社員

スポーツ庁が認定する「スポーツエールカンパニー」は、スポーツを通じた従業員の健康増進施策を積極的に推進・支援する企業に与えられるものです。 大塚製薬は、従業員とその家族の継続的な運動と健康維持・増進をサポートするため、職場や家庭でのフィットネスの機会を長年にわたり継続的に推進してきました。 その取り組みには、対面とオンラインの両方で行われる同社の「リフレッシュエクササイズ」プログラムや、スマートフォンのアプリを使用して参加者の進捗状況を追跡するスポンサー付きのウォーキングなどが含まれます。

2023年は、ウォーキングをはじめとした身体活動の促進を目的としたバーチャルプロジェクト「ポカリスエット Run&Walk」を実施しました。 国内外のグループ会社の従業員がスマホアプリを通じて参加し、交流しながら継続的に運動を続けました。 また、プロジェクト開始前にリモートミーティングを開催し、大塚製薬陸上競技部の日本代表選手、コーチ、監督らと交流するなど、新たな取り組みも導入されました。 また、楽しく社員の健康意識を高め、環境保全や社会的責任に貢献することを目的として、2022年から「事業所間ウォーキング大会」をスタートしました。昨年の第2回に続き、受賞オフィスでは植樹が行われました。 今後は、受賞事業所が所在する自治体に当社製品を寄贈し、地域社会の健康増進に貢献する予定です。

当社は、以下の取り組みが評価され「スポーツエールカンパニー2024」に認定されました。

2023年度に向けた主な取り組み

活動 まとめ

ブカリ/フレッシュエクササイズプログラム

・2020年度より、オフィスや工場で毎週実施している「リフレッシュ体操」を、リモート勤務者向けにオンラインで受講できるようにしました。 2023年度からは対面セッションを再開し、現在はオンラインと対面セッションを組み合わせたハイブリッドな取り組みを行っています。

・アーカイブした運動動画を公開するほか、社員やその家族が自宅で参加できるよう、運動方法やトレーナーからのメッセージなどの情報を提供しています。

・オンラインプラットフォームを通じて新入社員と経験豊富な社員を繋ぐ取り組みが始まった。 入社祝いのメッセージを交換しながら一緒に演習を行い、チームビルディングやコミュニケーションツールとして活用します。

スマホアプリでウォーキングツアー

・健康保険組合と協力し、スマートフォンの歩数計アプリを使って歩数を計測・管理するウォーキングイベントを開催しました。

・健康意識の向上と楽しく社会貢献を目的として、社内主催の「オフィスウォーク大会」を開催しました。 このイベントの賞品は、環境保全や社会貢献活動に関連したものです。 2023年度には、優勝した事業所を記念して植樹を行いました。 今後は、受賞地が所在する自治体に当社の健康サポート商品等を寄贈することで貢献していきたいと考えております。

ポカリスエット Run&Walk バーチャルイベント

・2021年度はスマホアプリを活用し、世界中どこからでも参加可能なバーチャル試運転プロジェクトを実施。

・2023年度はウォーキングなどの運動活動に重点を置き、国内外グループ会社の従業員も参加。 従業員はスマホアプリを通じて交流しながら身体活動を続けた。

・プロジェクト開始前にリモートミーティングを開催し、国際大会に出場する大塚製薬陸上競技部の日本代表選手、コーチ、監督との交流を図りました。

・この取り組みは、運動習慣の定着を促すとともに、世界中のグループ会社従業員間のコミュニケーション強化にも貢献しています。

大塚商会は、2017年1月に初の「大塚製薬健康宣言」を発行しました。2020年3月に井上誠が代表取締役社長に就任したのに合わせて、従業員の健康に対する会社の姿勢を明確にし、共有するため、新たに「健康宣言」を採択しました。 社内外の関係者と。 大塚製薬は、従業員一人ひとりがたくましく健康に働くことが重要であると考えています。 この目標を念頭に置き、大塚製薬では、従業員の健康への理解を深め、疾病の予防や健康増進に積極的に参加できるよう、健康セミナーや運動プログラムなどのさまざまな取り組みを行っています。

大塚製薬は、これからも従業員とその家族をはじめとする人々の健康と福祉に貢献していきます。

  • 大塚製薬の健康宣言
  • スポーツ庁 2022年度スポーツエール

READ  ダニエル・レヴィは、彼に代わってハリー・ケインをマンチェスター・ユナイテッドに移す決定を下すことができた