Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大臣は、青少年とスポーツの協力を強化したいという日本の願望を歓迎する

大臣は、青少年とスポーツの協力を強化したいという日本の願望を歓迎する

青少年スポーツ省は現在、スポーツ、農業、テクノロジーの分野を含め、青少年の育成と権限の拡大に取り組んでいます。

ジャカルタ(アンタラ) – ディト・アリウジョ青年・スポーツ大臣は、月曜日、ジャカルタでの安正明駐インドネシア日本大使との会談において、青少年・スポーツ分野における協力を強化したいという日本の意向を歓迎した。

同氏は、2024年のAFC U-23カップでの日本の優勝は青少年スポーツの発展において見習うべき成果であると述べ、協力の申し出に喜びを表した。

同首相は月曜日に同省が発表した声明の中で、「この会談の後、インドネシアと日本の協力の機会について話し合うための別の会合を開催する」と述べた。

アリウチョ氏は、青少年・スポーツ省は現在、スポーツ、農業、テクノロジーの分野を含め、青少年の育成と権限をより広範囲に高める取り組みを行っていると強調した。 この文脈において、日本との協力は有益であると考えられる。

正木大使は、インドネシアとの二国間関係、特に青少年とスポーツの分野での関係を強化する計画であることを示唆した。

同氏は、インドネシアは特にスポーツの分野で日本に多大な貢献をしてきたと述べた。

同氏は、日本のバドミントンチームがインドネシア人コーチの指導を受け、国際舞台での実績向上に貢献したと説明した。

一方、サッカーインドネシア代表チームは日本人監督の望月悟氏が指揮を執る。

大使はまた、東南アジア・日本青年船プログラム(SSEAYP)を通じた両国間の青少年交流におけるインドネシアの積極的な役割に感謝の意を表明した。

同氏によれば、青少年交流は極めて重要であり、日本とインドネシアの間だけでなく、他の東南アジア諸国とも行われているという。

この目的のために、同氏は、農業分野を含む若者の育成とエンパワーメントにおいてインドネシアを支援する用意があると表明した。

関連ニュース:ジャカルタに今年FIBA事務局が就任:スポーツ大臣
関連ニュース: 政府、バドミントン促進のためシバヨンの施設を再活性化すると約束
関連ニュース: スポーツ省: 30 人のアスリートが 2024 年のオリンピック出場権獲得に楽観的

翻訳者: ドニ・アディトラ、ラカ・アジェイ
編集者: アリ・ノヴァリーナ
著作権©アンタラ2024

READ  トランスジェンダーのサイクリスト、エミリーブリッジズは、さらに2年間、主要なイベントの禁止に直面しています。