Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大臣:IMFがロードマップを提示するまで、日本はスリランカでの12のJICAプロジェクトを停止します

スリランカは 9 月から低所得世帯向けの新しい電気料金制度を導入する予定である、とエネルギーおよびエネルギー大臣のカンチャナ ウィジェスカラは述べ、国営のセイロン電力委員会 (CEB) の再編への支援を求めた。

規制当局であるスリランカ公益事業委員会 (PUCSL) が 75% の電気料金の値上げを発表した翌日、Wijeskara は 8 月 10 日水曜日に議会で、低所得世帯向けの別の料金体系が検討されていると語った。

彼は、CEB によって提案されたこれらの新しいレートは PUCSL によって承認されており、来月から有効になると述べました。

火曜日の関税引き上げは、スリランカで 9 年ぶりの電気料金の引き上げでした。 CEB は 2001 年以降、ルピーの下落がコストに追加されるなど、コストの急激な増加に直面しています。 CEB のディーゼル ルピー コストは 2013 年以降 350% 上昇し、石炭ルピーは 650% 上昇し、ファーネス オイル ルピーは 410% 上昇しました。

Wijeskara 大臣は、2021 年の月間発電コストは 236 億ルピーであり、利益は 217 億ルピーであると述べた。

彼は、2021年の国際市場での燃料と石炭の価格の上昇を考慮した後、発電コストは月額330億ルピー近くに上昇したが、利益は同じレベルにとどまったと述べた。

CEB は、過去 6 か月間で再生可能エネルギー生産者に 285 億ルピーを支払わなければなりませんでした。 ソーラーパネル所有者に10億以上を支払わなければなりません。 私たちがエネルギーを購入する民間の発電所には、768億ルピーを支払わなければなりません。

「財務省と中央銀行は、燃料の購入のためにいくらかの資金を提供しましたが、国営のセイロン石油公社(CPC)からの信用の購入のために、316億ルピーを支払わなければなりません。」

大臣は、2,840 億ルピーのプロジェクト ローンと 1,380 億ルピーのターム ローンに加えて、CEB は合計 6,120 億ルピーを負っていると述べました。

Wijscara 氏は、「そのため、すべての負担を国民に負わせるのではなく、需要よりも再生可能エネルギーに重点を置くことを提案しました」と述べています。

これにより、生成コストを削減できます。 それまでは、価格を修正する必要がありました。」

CEB は現在、30 ユニット未満の消費者に対して 264 パーセント、30 ユニットから 60 ユニットに 211 パーセントの値上げを許可しています。 60 から 90 ユニットへの増加は 125% になります。

大臣はまた、礼拝所が補助金付きの特権的な電気料金を悪用していると主張した。

「私たちが宗教的な場所を取ったとき、30ユニットに対して、1.90ルピーしか請求されませんでした」とWijescara氏は言いました.

「宗教施設の毎月の請求額は約 87 ルピーでしたが、これらの場所がこの補助金を乱用しているのを見てきました」と彼は言いました。

「私たちはその費用の一部を管理しなければならず、同時に低所得の家族にいくらかの快適さを提供しなければなりません.」

しかし、Wijesekara 氏は、価格改定はまだコストをカバーしておらず、運用コストを削減する計画であると述べました。

2014 年以降、主要な発電所の建設に向けた措置は講じられませんでした。 これが、このエネルギー危機の主な理由です。

CEB再編への支援をお願いしています。 私たちは間違いなくそれをしなければなりません。 それで、コストを最小限に抑えるための利便性が得られれば、消費者にその利点を与えることができます。」

彼は、CEB がこれらの損失を負担し続ければ、1 か月以内に電力会社は電力を生産できなくなると述べました。

これまでのところ、民間のエネルギー供給業者は、私たちが支払うべき支払いを解決しなければ、もはや電気を提供できなくなると私たちに知らせてきました. 最近では、水力発電では発電できなかったため、電力の 70% が燃料と石炭から製造されていました。」

野党議員らに「ヤハバラナ政権時代に発電所を新設すれば、このような状況にはならない」と語った。 (コロンボ/2022 年 8 月 10 日)


読み続けて

READ  ドルはユーロに対して上昇しており、中央銀行は注目を集めている