Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大規模に水から抽出された水素

日本の研究者グループは、光触媒を使用して、これまでにない規模で水から高純度の水素を安全に取得しました。

光触媒は、太陽光を吸収することにより、水の分解を水素と酸素に加速させます。

化石燃料とは異なり、水素は燃焼時に二酸化炭素を排出しません。 ガスはカーボンニュートラルな世界を実現するための鍵です。

東京大学、信州大学、その他の研究所の研究者グループは、光触媒を適用した100平方メートルのソーラーパネルリアクターに電力を供給して、水から水素を抽出しようとしました。

このグループは、94%の純度で生成された水素の70%以上を安全に回収したと述べています。

グループによると、100平方メートルのプレートアレイを使用してこの大量の水から水素が収集されたのはこれが初めてです。

同グループは、この技術を実用化するための次のステップは、水素をより効率的に回収できる新しい材料を開発することであると述べています。

東京大学のドミン・カズナリ教授は、彼のグループが安全に水素を抽出するシステムを開発したので、大量のガスを低価格で供給できるように、この技術をできるだけ早く実践することを望んでいると述べています。

READ  グリーン水素コストを3分の2削減する日本の技術