Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大阪保健センターのCOVIDチームの40%以上が、8月3日に「疲労による死亡」のしきい値を超えました。



2019年3月18日、大阪市北区のファイル写真で大阪市役所が見られます。(メインチ/林幸子)

大阪発-8月の日本での第5回COVID-19波の中で、大阪市保健センターでコロナウイルス反応の中心的な役割を果たしている従業員の40%以上が働き、「死からの死」として知られる80時間の残業基準を超えました。仕事のライン。 “過負荷”。 毎日新聞を学びました。

ある従業員は、8月にセンターの最高レベルである218時間の残業を記録しました。 4月の第4波では、30%以上の従業員が月に80時間以上の残業をしており、最近の結果によると、第5波の状況はさらに悪化しています。 大阪市は第5波の前に保健所を強化しましたが、ますます深刻化する感染状況に追いつくことができませんでした。

公衆衛生センターでのコロナウイルスに関連する多くの任務の中には、感染した個人や他の人々に最近の動きについて尋ねる疫学調査、患者のベッドを確保するための医療施設や宿泊施設の取り扱い、集会が出現した施設の案内などがあります。

市によると、8月に保健所の感染症対応部の専門グループに在籍した167人のうち、69人(41.3%)が80時間以上の残業をしていた。 グループ従業員の平均残業時間は70.1時間でした。 4月には、43人(33.9%)が80時間以上働き、部門の従業員は平均59.4時間の残業をしました。 さらに、8月には40人が100時間以上働き、4月には31人を超えました。

昨年春の第4波では、保健所の負担が大きすぎたため、検査結果が陽性になった後、最大1週間、スタッフが新たに感染した人々と接触して症状を確認できないことがありました。 このため、市では、市内での症例数の増加に伴い、支援スタッフの数を増やしています。 4月から8月にかけて、部門は40人を追加し、従業員の総数は167人になりました。

専門グループの負担をさらに軽減するために、疫学調査を実施するために労働者が割り当てられました。 しかし、大阪での毎日の新たな感染は毎日1,000を超え、最終的には従業員の個々の作業負荷の減少はありませんでした。

保健所の組織は1994年の地域保健法に基づいて策定され、2021年度には日本に470のセンターがあり、1994年の数値よりも約40%少なくなっています。大阪市でも24区のそれぞれに保健所。 2000年に、それらは1つの市の公衆衛生センターと24の地方の保健センター、または現在の保健とケアセンターに改造されました。

松井一郎大阪市長は、「国の政策により、保健所のシステムは圧縮されたが、その弱点は流行によって明らかになった。大阪市だけでなく、国も包括的に参加すべきである。システムについて話し合い、改善します。」

(大阪科学環境ニュース課田畑博影による日本語原文)

READ  マサチューセッツ州は、COVID-19の795の新しい症例と、8つの追加の死亡を報告しました