Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

天の川の中心にダーキノスの薄い球が潜んでいる可能性があります

2014年の夏、天文学者たちは、天の川の中心にある超大質量ブラックホールの近くで危険なほど揺れる、G2として知られる目がくらむようなガスの雲を予測しました。 火花は飛ばなかったし、狂乱索餌も飛ばなかった。 代わりに、G2は無傷でスピードを上げ、天文学者が臨死体験であると考えていたものを生き延びました。

だが ブラックホール 彼らは大きないじめっ子なので、アトラクションが侵入者の傍観者を無視したという事実は驚き以上のものでした。 それは不可能に思えた。 さて、天文学者たちは、私たちの銀河の中心にある超大質量ブラックホールはまったくブラックホールではなく、吹き飛ばされた球体であると言います 暗黒物質。 新しい研究は、この奇妙な仮説が「不可能な」対立と銀河中心のすべての観測を説明することができることを示唆しています-そしていくつか。

READ  日本はCOVID-19緊急事態を拡大し拡大します