Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

天皇陛下は88歳に達し、日本の君主は長寿になりました

2019年1月2日、東京の皇居で新年を祝うために、天皇陛下が伝統的な公の場で手を振る。ファイル写真:Frank Robichon / EPA-EFE

12月23日(UPI)- 日本の天皇明仁は木曜日に88歳になり、日本史上最古の天皇となり、父親を1年も上回りました。

明仁は1989年から2019年まで天皇を務めました。彼は87歳で亡くなった父、昭和天皇の死後、王位に就きました。 昭和天皇は死後、昭和天皇として知られるようになりました。

皇居庁によると、明仁は健康で暮らしている 幸いなことに引退中

1974年12月23日、日本の東京の東條宮殿で、当時の日本の皇太子明仁は、妻の皇后美智子と41歳の誕生日を祝います。

明仁は初代皇帝です プジョーを祝うために 八十八歳の誕生日の日本語の用語。

明仁は、1963年から2021年にかけてグッピーの科学的研究を行い、このトピックに関する30の研究論文を発表したことで最もよく知られています。

明仁は、過去100年間に日本で王位に就いた4人の皇帝のうちの1人です。

READ  新しいクラスの居住可能な太陽系外惑星は、生命の探索における大きな前進を表しています