Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

太平洋の島国バヌアツで社会的事業の発展に尽力する若き日本人陸上競技コーチ | スポンサーシップとイベント | スポンサーシップとイベント | 特別な物語

太平洋の島国バヌアツで社会的事業の発展に尽力する若き日本人陸上競技コーチ | スポンサーシップとイベント | スポンサーシップとイベント | 特別な物語

バヌアツに移住したとき、良介さんは最初は慣れない国の文化や特徴に戸惑いました。 「バヌアツの時間は日本よりもゆっくりと流れています。それを私たちはアイランドタイムと呼んでいます。ここで指導するときに心がけていたのは、地元の選手たちに時間を厳守するように言うだけでなく、模範を示してリードすることでした」 。 私が毎日時間通りに出勤し続けると、やがて地元のアスリートたちが私の行動に従うようになりました。 単にルールを強制するのではなく、模範を示すことは、陸上競技でもソーシャルワークでも同様に重要です。

その後、良介さんはバヌアツの人々に経済的および社会的支援を提供するためにスポーツを活用する機会があると考え始めました。 「タンナ島のヤスール火山を見たときに、バヌアツの観光資源をスポーツを活用したビジネスに活用したいというアイデアが浮かびました。スポーツを通じたソーシャルビジネスの展開は私の長年の夢でした」時間だ」と彼は言う。

良介さんは現在、活火山を巡るランニングイベント「ヤスール・ボルケーノ・ラン」という社会貢献プロジェクトに取り組んでいる。 このプロジェクトは、一部のコミュニティ、特に女性にとって収入源と雇用の機会が限られている離島で雇用の機会を創出することを目的としています。 また、地域社会の自立に向けた事業基盤の構築を目指します。 タンナ島のヤスール山周辺の豊かな自然環境を活用し、バヌアツの新たな観光を活性化する考えだ。 このプロジェクトは、同じ目的と情熱を持ったバヌアツ観光局と協力して実施され、バヌアツ観光局を世界中の幅広い視聴者に宣伝することで国の観光市場を拡大することを目指しています。 このパートナーシップはプロジェクトの成功の鍵となり、コミュニティにさらに広範なプラスの影響を確実にもたらすでしょう。

「これらのプロジェクトに取り組み続けるとき、陸上競技選手としてトレーニングしていたときに学んだ次の言葉をいつも思い出します。」と涼介は続けます。良いアスリートになる前に、良い人間になれるよう自分を訓練してください。この言葉は、パナソニックグループの創業者である松下幸之助の「物より人を作る」という言葉に大きな影響を受けています。

READ  フェルスタッペン、メキシコでスカイスポーツをボイコット