Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

太平洋諸島グループは、中国の懸念の中で気候に焦点を当てています

米国家安全保障会議のインド太平洋地域担当コーディネーターであるカート・キャンベル氏は木曜日、太平洋における中国の野心は一部の太平洋島嶼国指導者にとって懸念材料であると述べた。

しかし、彼は、この地域の同盟国との米国のパートナーシップの拡大は、気候変動、健康、技術のつながりなどの問題に対処することを目的としていると述べた.

キャンベル氏は、アンソニー・ブリンケン米国務長官がブルー・オーシャン・パートナーズの外相との会合を主催した後、発言した.

写真:AFP

会談について記者団に説明した米国当局者は、中国との競争に直面して戦略的に重要な地域への支援を調整しようとするイニシアチブにカナダとドイツが正式に参加する意向であると述べた。

「いくつかのケースで見てきたように、中国が太平洋に野心を抱いていることは明らかであり、その一部は太平洋の島々の指導者の間で懸念を引き起こしている.

彼は、グループの議題は太平洋の島嶼国のニーズによって導かれるだろうと付け加えた.

「私たちが太平洋の島民に手を差し伸べると、彼らが最初に言うことは、私たちにとって国家安全保障には本当に私たちの環境が含まれており、気候変動が彼らにとっていかに存続の問題であるかということです.

ブルー・オーシャン・パートナーズ・イベントは、ニューヨークの国連総会の傍らで開催され、ジョー・バイデン米大統領が来週の水曜と木曜に太平洋諸島の指導者たちを招いて開催する予定のサミットに先立って開催されます。

バイデン政権は、サミットは太平洋の島嶼国へのコミットメントを反映していると述べ、その指導者たちは今月、ワシントンは彼らの優先事項を受け入れ、大国間競争ではなく気候変動を最も緊急の安全保障課題にするべきだと述べた。

キャンベル氏は、米国、オーストラリア、日本が太平洋で海底ケーブルを開発するための多くの取り組みに関与していると述べた。

キャンベル氏は、四カ国安全保障対話のイニシアチブのうち、米国、日本、インド、オーストラリアの 2 か国が太平洋で重点的に取り組みたいと考えているのは、海洋ドメインの認識と、島嶼国と日本、オーストラリア、オーストラリアなどの国との通信リンクの増加であると述べました。インド。

「これは海底ケーブルを敷設することによってのみ達成できるので、挑戦は私たちの前にあると思います」と彼は言いました。 「私たちはそれが重要であると信じており、一国からだけでなく、私たちの共同の取り組みからの資金と能力が必要になるでしょう.」

別の会議で、ブリンケンと韓国と日本のカウンターパートは、太平洋の島嶼国を支援するという共通のコミットメントを強調した。

共同声明は、島嶼国が気候変動資金にアクセスするのをより良く支援する方法を検討することを誓約し、海洋安全保障を強化し、漁業を保護するための彼らの努力への支持を確認したと述べた。

コメントはモデレートされます。 記事に関連するコメントを保持します。 わいせつまたはわいせつな言葉、あらゆる種類の個人攻撃、プロモーション、およびユーザーの禁止を含むコメントは削除されます。 最終的な決定は台北タイムズの裁量に委ねられます。

READ  火星のリトルパーセビアランスの新しい衛星画像はあなたにすべての気持ちを与えるでしょう