Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

太陽軌道画像の最初のコロナ質量放出-複数のデバイスからの見事なビデオを見る

ソーラーオービターの3つのリモートセンシング機器(極紫外線イメージャー(EUI)、メティスコラグラフ、ソーラーオービターのヘリオスフィアイメージャー(SoloHI))からの画像を組み合わせると、2月12日からの期間におけるコロナ質量放出(CME)の進化の詳細なビューが提供されます。大中規模の質量は、太陽系で爆発する太陽大気からの粒子の火山噴火です。

  • コロナ質量放出(CME)を実証する最初のソーラーオービターフィルム
  • 2月の太陽の接近飛行中に、複数の機器によって放出された1対の冠状質量が検出されました。
  • 中小規模の惑星は、太陽系で噴火し、地球に宇宙天気を発射する能力を持つ、太陽大気からの粒子の火山爆発です。
  • ソーラーオービターは、今年の11月に主要な科学ミッションを開始します
  • ソーラーオービターは、ESAと NASA

ソーラーオービターの紫外線紫外線(EUI)イメージングは​​、2021年2月12日に太陽から放出されたこのコロナ質量放出をキャプチャしました。そのとき、軌道を回る太陽モジュールは太陽の向こう側を見ていました。 30°C。 緯度(地球からは、右に向かって表示されます)。

クルーズステージを終了します

ソーラーオービターは2020年2月10日に打ち上げられ、現在、今年11月に始まる主要な科学ミッションに先立って巡航段階にあります。 現場での4つの機器は打ち上げ以来かなりの時間稼働しており、宇宙船の近くの宇宙環境に関する科学データを収集していますが、巡航段階での6つのリモートセンシング機器の運用は主に機器のキャリブレーションに重点を置いています。カスタムチェックアウトウィンドウおよび特定のキャンペーン中にのみアクティブになります。

2月12日のコロナ質量放出(CME)を観測した宇宙船の相対位置の概略図。 欧州宇宙機関のソーラーオービター宇宙船は、地球の観点から太陽の「後ろ」にありました。 地球は、ソーラーオービターから見て太陽の中心から西に約12度のところにありました。 彼はまた、地球を周回する欧州宇宙機関のProba-2と、地球の太陽に向かって150万キロ前のラグランジュ点1の周りを周回するESA / NASA太陽ヘリオスフィア天文台(SOHO)を見ました。 。 NASAのSTEREO-太陽地球関係天文台も、太陽と地球の直線から離れた見晴らしの良い場所からイベントを垣間見ることができました。 宇宙船は一緒に同じイベントで異なる価値のある視点を提供します。 クレジット:ESA

宇宙船を地球と太陽の中間に置いた2021年2月10日の近日点付近を通過することは、次の科学段階に備えるために、チームがカスタム観測を行ったり、機器の設定を確認したりする機会の1つでした。 完全に科学的な設定では、オンサイトのリモートセンサーと機器が定期的に一緒に共有観測を行います。

欧州宇宙機関(ESA)のpropa-2(左)は、2021年2月12日に2つのコロナ質量放出の起源を捉えました。最初の小包は経度45°で幅0から-40°のUTC10:30頃に見られました。 、2番目は経度75度、緯度30度のユタ13:20頃です。 それらは、太陽が宇宙に飛び込む前に上昇し、太陽の先端を横切る暗いフィラメントとして見られます。これは、ヘリオスフィア天文台(ESA / NASA)によってさらに遠くに見られます。ソーホーLASCOパラグラフC2(中央)およびC3(右)。

近くの太陽回廊と同時に、宇宙船は地球から見て太陽の「後ろ」にあり、その結果、データ転送速度が非常に低くなりました。 したがって、接近飛行からのデータが完全にダウンロードされるまでに長い時間がかかり、現在も分析中です。

2021年2月12日に太陽から放出されたコロナ質量放出のこのフィルム。クラウンは太陽の表面からの明るい光を遮断し、太陽のかすかな外気であるコロナを見ることができます。 メティスは、自由電子による可視光散乱(左)と中性水素原子からの紫外線放射(右)の両方でCMEをコロナに見られるようにした最初の冠状椎骨です。

オポチュニティノート

偶然にも、ソーラーオービターのリモートセンサーのうち3つは、最も接近した後の数日間に1対のコロナ質量放出を捕捉しました。 紫外線紫外線(EUI)イメージング、太陽圏(SoloHI)イメージング、およびメティスコロナグラフィー椎骨は、1日の間に噴火した2つのCMEのさまざまな側面をキャプチャしました。

SoloHIは、2021年2月12日に太陽から放出されたこのコロナ質量放出を捉えました。

CMEは、ESAのProba-2とESA / NASA太陽圏および太陽圏天文台(SOHO)によっても、太陽の「正面」側から見られました。一方、太陽地球線からさらに離れた場所にあるNASAのSTEREO-Aも捕らえられました。イベントの概要。

2021年2月12日に太陽から放出されたコロナ質量放出のこのフィルム。クラウンは太陽の表面からの明るい光を遮断し、太陽のかすかな外気であるコロナを見ることができます。 これは、ここに提示された画像から、各画像から前の画像を差し引いて作成された「動作の違い」フィルムであり、動く特徴をより強調するために使用される手法です。

ソーラーオービターのSoloHIにとって、これは機器が見た最初のコロナ質量放出でした。 メティスは以前に1月17日に1つを検出し、EUIは昨年の11月に1つを発見しましたが、宇宙船のオンサイト検出器は2020年4月の打ち上げ直後に最初のCMEを満たしました。サイトのいくつかの機器も2月頃に粒子活動を検出しました2021.データは分析され、後で提示されます。

コロナ質量放出の多点検出

2月に軌道を回る太陽宇宙船を打ち上げてから数か月後、太陽からのコロナ質量放出(CME)の影響を測定しました。 他のESAおよびNASA宇宙船からの同様の測定により、太陽から地球への5日間の通過にわたるCME進化のマップが可能になりました。 クレジット:ESA

SoloHIにとって、CMEを見るのは特に偶然であり、「余分な」テレメトリ時間中にキャプチャされました。 ミッション後の計画以降に行われた地上アンテナへのアップグレードにより、チームは、テレメトリレートは低くなりましたが、以前は不可能だった時間にデータをダウンリンクできるようになりました。 そこで彼らは、2時間の割合で1つのピース値データ(機器には4つの試薬の正方形があります)のみを収集することを決定し、その期間中にたまたまCMEをキャプチャしました。

宇宙気候

CMEは「宇宙天気」の重要な部分です。 粒子は大気のある惑星でオーロラをかき立てますが、一部の技術では誤動作を引き起こす可能性があり、保護されていない宇宙飛行士にも害を及ぼす可能性があります。 したがって、CMEを理解し、太陽系を伝播する際の進行状況を追跡できることが重要です。

ESA / NASAソーラーオービターミッションの極紫外線イメージングは​​、2020年11月17日に最初のコロナ質量放出(CME)をキャプチャしました。CMEは右上に示されています。 このフィルムは10枚の写真で構成されています。 画像は17ナノメートルの最大紫外線波長で撮影され、約百万度にある太陽の大気、コロナを示しています。 クレジット:Solar Orbiter / Team EUI / European Space Agency and NASA

CMEの研究は、ソーラーオービターの使命の1つの側面にすぎません。 宇宙船はまた、太陽の前例のないクローズアップ観測と高い太陽緯度からの観測に戻り、太陽の未知の極域の最初の画像を提供します。 ミッションは、宇宙船の近くでの太陽風と磁場の測定と組み合わせて、11年の太陽周期の観点から親星がどのように動作するか、そして嵐の宇宙天気の期間をより正確に予測する方法についての新しい洞察を提供します。

READ  SpaceXクルードラゴンの宇宙飛行士は、メキシコ湾で珍しい夜明け前のスプラッシュで彼らの家に到着します