Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

奈良タピソックスストアは、伝統とモダンなデザインを世界的に有名なスニーカーと組み合わせています

奈良-日本の古都奈良の一人の男性は、伝統的な足袋の靴下と現代の靴下やスニーカーを組み合わせるために最善を尽くし、その過程で海外のバイヤーの間で靴に対する新たな評価を生み出しました。 流行の前に、彼は外国の顧客に年間約2,800ペアを販売しました。

足袋スタイルのマラソンシューズは、マラソンランナーであり、日本初のオリンピック選手である金栗四三などの人物によって開発されました。 それは着用者が足の裏全体を使用することを奨励し、安定したバランスを提供します。 この靴は、金栗四三をフィーチャーした2019NHKテレビ時代劇シリーズ「いだてん」に登場しました。 何年にもわたって、それらの機能はさらに改善され、タビースタイルのスニーカー、靴下、スリッパが誕生しました。

奈良県垂井町にある「足袋奈良さんじょう」では、つま先が割れて靴ひもがないカラフルな靴がいっぱいの足袋風スニーカーが専門です。 現在、コロナウイルスの大流行により店舗の運営が危機に瀕しているが、好調な時期には海外のお客様にご好評をいただき、着実に売上を伸ばしております。

「お客様の半数は外国人でした。約100の国と地域からの人々が私たちの店を訪れました」と専門店オペレーターの足袋株式会社の社長である雲原亮さん(41)は言いました。 世界が日本文化について学ぶ機会を提供すること。」

高校時代、米原は世界中にミルクを売りたいと思っていました。 彼は夢を実現するために、北海道最北端の酪農場で1か月近く働いて暮らしました。 その後、高校を卒業してアメリカに留学し、奈良を全く知らないことに気づきました。 帰国後、彼は人力車の運転手として旧市街でパートタイムで働き始めました。



この写真は、レースのないタビースニーカーで、「cos」と呼ばれる金属製のフックが付いています。 フックを使わずに装着することもできます。 (写真提供:Tabi-Square Inc.)

米原は出会った地元や海外の観光客の多くとおしゃべりを楽しんだ。 「(人力車のオペレーターは)通常、コート、よだれかけ、ワークパンツ、地下足袋を着用します。どういうわけか、外の人は幸せよりも地下足袋を気にかけているのでしょうか」と彼は振り返ります。それらの靴は何と呼ばれていますか?」と「あなたはそれらを私に売っていますか?」

アウトドアウォーキング用の地下足袋は、ゴムが最初に日本に輸入された明治時代(1868-1912)に発明されました。 それ以来、彼らは建設労働者や他の労働者に選ばれる靴となっています。

米原は出版社で短い仕事をしていたが、自動人力車に戻った。 「観光客の多い時期だったので、多くの人がオタクタピが欲しいと言っていました。それがビジネスかもしれないと思ったときです。」

2007年27歳で奈良に専門店をオープン。 当時、ナイキ社としてわずかなブームがありました。 足袋の販売を行う米原は、他社から約15モデルの収集販売を開始した。 入ってくる観光客が買うスニーカーの種類を見て、もっと良いデザインができるのではないかと感じ、自分で開発した商品を試してみました。 しかし、彼の基準を満たす製品を開発することは容易ではありませんでした。

難しさは、さまざまな生地を組み合わせる方法から、色やデザインサイズの選択までさまざまでした。 「スニーカーの生地は服よりも厚みがあり、靴に合わせて色を選ぶのは難しく、生地の切り方によってデザインが変わります」と米原氏。



ゆんはり亮店の店内には、足袋風の靴下やスリッパがちりばめられています。 タビースタイルの靴下は約130モデ​​ルあり、スニーカーで購入するお客様も多いそうです。 (毎日)

詳細なプロセスは、単一の製品の開発に約1年かかることを意味します。 彼の会社は兵庫県高砂市とベトナムに製造拠点を持っていますが、米原にとっては、彼の注文を処理できる工場が少ないことが問題です。

しかし、「外国人のお客様は、家族のバッジが入ったデザインを好む。また、毎月少なくとも1人の海外のお客様がお店から推薦されていた。彼は約2,800足の靴を買うだろう」と語った。その靴下やその他の製品を含みます。」 Tabi-Squareには現在、約40のオリジナル製品が含まれています。

米原店のコンセプトは、伝統、現代、健康のようです。 「伝統的なものを現代的なものに変えて、健康維持に役立てたい」と語り、「自分で履くことで、脚や腰の筋肉が増えたような気がします」と語った。

2010年に現在の場所に移転し、2016年には神奈川県鎌倉市に店舗を開設しました。 彼の追求は続いており、「将来的には、漏れたり悪臭を放ったりしにくい新しいスニーカーを作りたい」と語った。

***

奈良県奈良市垂井町2-2Fにある「たびじ奈良さんじょう」。 主にタビースタイルのスニーカー、タビースタイルのソックス、タビースタイルのスリッパ、そして主要ブランドの地下足袋を取り揃えています。 通常の営業時間は、水曜日を除いて午前10時から午後7時までです。 コロナウイルスのパンデミックのため、営業時間は現在不定期です。そのため、訪問する前に0742-26-3588に電話することをお勧めします。

神奈川県鎌倉市鎌倉市1-14-19-B2にある足袋鎌倉長谷店は、足袋スタイルのスニーカーを専門としています。 奈良県奈良市春日野町11番地にある足袋寺奈良公園は、主に足袋風の靴下を扱っています。

公式サイトはhttp://www.tabi-ji.jp(日本語・英語)です。

(大阪地域ニュース部中田広重による日本語原文)

READ  ルイジアナ州で検出されたCOVIDの「ダブルワーミー」バリアントであるDeltaPlusの最初の症例| コロナウイルス