Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

女子ホッケー世界選手権でカナダが日本に 9 対 0 で勝利

女子ホッケー世界選手権でカナダが日本に 9 対 0 で勝利

コメント

デンマーク、ヘルニング — ディフェンディング チャンピオンのカナダは、日曜日のアイスホッケー女子世界選手権で日本を 9 対 0 で下し、一方的な対戦で 8 人の選手がゴールを決めて、グループ A の順位で米国に再び加わりました。

トーナメントで 11 回優勝している熟練した選手たちは、試合開始 2 分でビクトリア バッハがパワープレー マーカーで得点を開始したとき、ほとんど時間を無駄にせずにマークを外しました。 マリー フィリップ プーランとエマ マルタイスも第 1 ピリオドで得点を挙げ、快適なリードを広げました。

ブレア・ターンブルは、水門が開く前に、2回目のスタートで4回目を追加しました。 ポーリンは、エラ・シェルトンとジェイミー・リー・ラトレイが次の5分間で得点する前に、33:09に2回目のゲームを獲得しました。

日本は開始から圧倒され、第 2 ピリオドの最後の数秒まで得点せず、すでに 7 対 0 で敗れていました。

サラ ポトマックとサラ フィリアが第 3 ピリオドで得点を挙げ、2021 年世界選手権、冬季オリンピック、現在のトーナメントの 3 試合にまたがるカナダの 17 連勝を完了しました。

これは世界選手権でのチームの 2 回目の対戦であり、1990 年に 18 対 0 で敗れた日本にとって、ある種の改善を示しました。

その他の AP スポーツ: https://apnews.com/hub/sports および https://twitter.com/AP_Sports

READ  USD/JPY は 142 に跳ね上がり、日本銀行のコア CPI Next