Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

女性とLGBTQ+の旅行者は日本を誇りに思うことができます

女性とLGBTQ+の旅行者は日本を誇りに思うことができます

日本におけるアウトバウンドの減速にもかかわらず、女性が旅行の意思決定者であり、実際の旅行者であるこの業界において、上級指導的地位に女性が引き続き不在であることは驚くべきことである。 旅行しかし、私たちの中には非常にゆっくりとはいえ、状況は変わりつつあります。

勝島元: 「日本の女性の多くはとても謙虚なので、『ああ、私にはそんなことはできない』と思っています。でも、自分たちは認められていないのではないかと感じているのです。

ホスピタリティにおけるジェンダーの多様性に関して、取り組みを加速させたいと考えている日本の女性リーダーの例として、勝島元氏が挙げられます。 彼は日本のIHGホテルズ&リゾーツとIHGANAホテルグループのCEO、ディレクターとして数十年にわたって仕事をしなければならなかった。 彼女は財務ディレクターの秘書としてスタートし、その後、管理、会計、財務、運営などさまざまな役割を経て、1 年前に現在の役職に任命されました。

IHG JAPAC ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン (DE&I) 評議会のメンバーとして、日本全体の女性ゼネラルマネジャーの割合を 20% にすることを目指しています。 彼女は当初、ノルマを設定することについて長く真剣に考えましたが、組織変革を推進し、女性が指導的地位にふさわしいか真剣に検討するには、そのほうがより良い戦略であると判断しました。

「人々がそれについて異なる考え方をし、異なる行動をとるように、何らかの割り当て目標を設定する必要があります。」

彼女の就任以来、IHG には現在 5 人の女性ゼネラルマネージャーがいます。 「これはほんの始まりにすぎません」と彼女は言った。

他の世界的なホテル グループと同様に、IHG は日本で急速に拡大しています。 2024年1月、同社は今年、日本でCorner™ブランドを立ち上げる計画を発表し、北米以外での新しい中規模転換ブランドの最初の契約となった。 IHGとアックス・マネジメント・パートナーズの提携により、2024年下半期に大阪に3つの代替ホテルが日本にデビューする予定です。 IHG は現在、全国に 54 軒のオープンまたはパイプラインのホテルを展開しています。

ホスピタリティ業界全体のこの急速な拡大により、人的資源が圧迫されていると別の委員会は指摘した。 ザ・アスコット・リミテッド・ジャパンのカントリー・ゼネラル・マネージャーであるクリスチャン・ボートー氏は、応募の90%近くが女性であり、拡大する日本のホスピタリティ業界が直面している人的資源の課題について語った。 「少年たちはどこにいるんだ」と彼は言った。 この応募率を考えるとなぜ指導的地位にある女性がこれほど少ないのかと尋ねたところ、彼女は、そこに着くには別の会議か丸一日かかるだろうが、課題が多いということには概ね同意されていると答えた。

勝島氏は、最初の選考で女性を第一に考慮することが課題だと語る。 「日本では、ほとんどの経営者が特定の政策を変更するリスクを冒すことを恐れています。たとえば、女性の上級リーダーを何人か昇進させたが、彼らが成功しなかったら、それを恐れているのかもしれません」と彼女は付け加えた。 女性は、自分の能力が自動的に認識されたり考慮されたりするものではないため、具体的な結果を通じて自分のスキルや能力を証明するという課題に直面することがよくあります。

日本企業とグローバル企業で現在の地位に昇進するのは難しかったかとの質問に対し、同氏は、国内企業に比べて国際企業の方が意思決定プロセスが速かったと語った。

女性が自分の能力を認識し、自信喪失を克服することを奨励することを目的とした取り組みは、自信のギャップに対処し、職場での男女平等を促進するのに役立つと彼女は指摘した。 「日本の女性の多くはとても謙虚で、『ああ、私にはそんなことはできない』と言うのですが、もしかしたら自分は認められていないのかもしれないと感じています。

だからこそ、彼女は女性向けのイベントを主催して、女性幹部にインスピレーションを与えたり、ロールモデルのストーリーを共有したりしているのです。 「多様な背景や業界の女性を含む多様なロールモデルを促進することで、より多くの女性が上級指導者の役割を追求するようになるだろう」と彼女は述べた。

もう 1 つの方法は、対象を絞った開発プログラムです。 彼女は、英語能力よりもリーダーシップスキルの向上に重点を置いた、将来の女性リーダーの育成を加速するための戦略的取り組みであるIHGのエマージェンスプログラムを挙げた。 「日本では英語の運用能力を達成するのが難しいため、プログラムを適応させました」と彼は言いました。

勝島氏自身のキャリアとしては、数年前に IHG を辞めてマリオットに入社し、その後復帰して昇進を果たしました。 組織を変えることで、貴重な学習の機会や新たな視点が得られ、最終的にはキャリアの成長と価値提案が強化されると同氏は述べた。 「既成概念から抜け出す必要があることに気づきました。マリオットでは、彼らの文化、考え方、働き方について多くを学びました。そのため、戻ってきたら、現在のポジションにさらに価値を加えることができると感じています。」

彼女は若い女性たちに、自分の快適ゾーンから一歩出て「あらゆることに挑戦する」よう勧めた。 「財務で働いていたときは、人件費は節約する必要がある経費だと考えていましたが、人事部門に異動してからは、人財が会社の成長にとって資産になりました。」

彼女は、AI 時代における女性の役割に特に興奮しています。 AI がより多くの定型業務を自動化するにつれて、人間同士の交流や個人的な経験が不可欠なホスピタリティ業界では、共感、コミュニケーション、心の知能指数などのソフト スキルの価値がますます高まるでしょう。 「女性はコミュニケーション スキルと共感力が優れています。AI は女性のこうした利点をサポートするのに非常に優れています。

マイケル・ダイクス氏:「私たちは日本の消費者に海外旅行の素晴らしさを振り返っています。」

高まる女性旅行者の力 – エクスペディアが「2 歩」先を行く

日本の旅行市場の進化を物語るもう 1 つの傾向は、アウトバウンド旅行が全体的に低迷しているにもかかわらず、女性の旅行に対する強い意欲です。

エクスペディア・グループのアジア太平洋市場管理担当バイスプレジデント、マイケル・ダイクス氏は、「日本の消費者の海外旅行を活性化する」ために、世界的な広告キャンペーンを日本で開始することを選択したと述べた。

「私たちは日本の消費者に海外旅行の素晴らしさを伝えています。安いか高いかは問題ではありません。本当の価値は新しいことを学び、経験することにあるということを忘れないでください。」と彼は言いました。

特に、その「ツーステップ」コマーシャル(上)は、特に日本人女性に向けたものでした。 「実際、旅行の意思決定の 80% は女性によって行われており、海外旅行をする女性の数は男性の 2 倍です。 日本のような国をどのように正確にターゲットにするかを考えるとき、これは本当に焦点を当てたい人口統計の 1 つです。

同氏はまた、数年前にはデフォルトだったハワイ州ナッシュビルのような米国の目的地を宣伝する意図的な決定があったことも指摘した。 また、香港、韓国、シンガポールなどのアジアの他の市場や中東でも広告キャンペーンを展開する予定だ。 「私たちが本当に焦点を当てたいのは、顧客サービスに感謝し、頻繁に旅行し、より長く滞在したいプレミアムトラベラーです」とダイクス氏は述べた。

新しいアウトバウンドツアーパッケージのスタートアップである Reva の成長も女性によって推進されています。 顧客の7割を29歳以下の女性が占める。 CEO兼創業者の篠塚貴也氏は、「理由はよく分からないが、おそらくTikTokやInstagramなどのSNSやチャンネルを利用しており、29歳以下の女性がそれらのサービスを利用しているためではないか」と述べた。 Reiva のトップ 3 の目的地はソウル、タイ、台湾です。

円安により日本人の海外旅行意欲が減退しただけでなく、篠塚氏は自身のスタートアップの成長にひるまずに取り組んでいる。 「はい、それは大きな挑戦です。 私が会社を始めたとき、問題は新型コロナウイルス感染症であり、旅行さえできませんでした。 「日本のアウトバウンド市場は2兆円市場で、その50%がパッケージで、成長し60~70%まで回復しているという巨大な市場です。

東京での「Travel Brute」立ち上げに出席した、Booking.comアジアパシフィック担当マネジングディレクター、ローラ・ホールズワース氏(右端)。 ドリアン・ロロブリジータさん(中央)と: 「LGBTQ+ の人々のための宿泊施設は、旅行体験を焦点にするのではなく、素晴らしいものにします。」

APACの最初の市場である日本は、Booking.comによって「旅行の猛者」になった

日本の旅行の顔も、ローンチでさらに色合いを増していく Booking.comの日本向け「トラベルプラウド」プログラム 4月にはアジア太平洋地域で初めて現地語で提供される予定だ。

竹村明美: 「業界のどこの出身か、誰が好きか、どんなアイデンティティを持っているかは関係ありません。」

竹村 明美、北アジア地域ディレクターブッキング・ドットコム、WiT Japan & North Asiaで講演したところ、トラベル・インクルージョンは同社の日本事業の主要テーマの1つである。 「彼らが業界のどこから来たのか、誰を愛しているのか、どんなアイデンティティを持っているのか、それは問題ではない」と彼は言う。

日本は2024年だけで3,310万人の観光客が見込まれており、すべての人を平等に歓迎することが重要であると同氏は指摘した。 Booking.com による最近の調査によると、LGBTQ+ 旅行者の 58% が旅行中に差別を経験したことがあります。 さらに、32% は監視や不快感を避けるために行動を変える必要があると報告しました。 回答者の 80% は、旅行先を選択する際に安全、健康、幸福を考慮することが重要であると回答しました。

「トラベルプラウド」プロジェクトは、提携施設におけるLGBTQ+の啓発を目的としています。 Booking.comが2023年に日本を含む27カ国のLGBTQ+旅行者11,555人を対象に実施した調査によると、日本のLGBTQ+旅行者の60%が目的地を選ぶ際に安全と幸福を考慮する必要があると回答した。

この数字は前年の48%から大幅に増加し、世界平均の80%に近づいています。 これらの調査結果は、日本のLGBTQ+旅行者の意識が高まり、安全で快適な旅行体験に対する需要が高まっていることを示しています。

4月の番組開始記者会見で、自身の型を維持しながらドラァグクイーンとしても活動するLGBTQ+のドリアン・ロロブリジータは、「私にとって、旅行は魂を洗うようなもの。 また、旅の経験は心の栄養のようなものだと思います。 私のパートナーはトランスジェンダーです。 特に海外旅行では性別やパスポートの見た目の違いに悩まされることも多いです。 宿泊施設がLGBTQ+の人々を制限するのではなく配慮することは、旅行体験を素晴らしいものにします。

Booking.comの「Proud Hospitality」トレーニングと「Travel Prout」バッジは2021年に開始されました。 現在、このチュートリアルは日本語だけでなく、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ブラジルポルトガル語、ドイツ語でも利用できます。 現在、120 の国と地域の 12,000 以上の都市で、パートナー宿泊施設を通じて 65,000 を超える Proudly Certified 認定が取得されています。

READ  日本のスナックの大きな袋には 12 ドルを支払います (通常は 50 ドル)。