Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

好調なドルは2014年以来最長の週間連勝記録を更新中

好調なドルは2014年以来最長の週間連勝記録を更新中

2023 年 3 月 10 日に撮影されたこのイラストには米ドル紙幣が示されています。 REUTERS/Dado Rovik/Illustration/File ライセンス権の取得

シンガポール(ロイター) – ドルは金曜、一連の好調な米国経済指標に支えられ、連邦準備制度(米国中央銀行)金利の終了にも疑問を投げかけ、9年ぶりの週間連続上昇を記録した。ハイキングサイクル。

アジアでは、現地人民元が前回取引で16年ぶりの安値に下落したことを受け、トレーダーらは中国通貨の動向を注意深く監視していた。

主要通貨に対する米ドルのドル指数は序盤の取引で105.02で落ち着き、前取引で付けた6カ月ぶり高値の105.15からそれほど遠くなかった。

同指数は8週連続で上昇を続ける軌道に乗っており、これまでのところ0.7%上昇している。

ドル指数の最大の構成要素であるユーロは8週間連続で下落しており、木曜日には3カ月ぶり安値の1.0686ドルまで下落した後、最近では1.0701ドルと若干上昇している。

「今週の話は、データで見られる回復力に関する内容が多かった…市場心理としては、米国の状況は世界の他の地域よりもはるかに良好に見えるということだ」と外国部門責任者のレイ・アトリル氏は述べた。交換。 オーストラリア国立銀行の戦略。

今週発表されたデータによると、米国のサービス部門が8月に予想外に勢いを増し、失業保険申請件数が先週2月以来の最低水準に達した一方、ユーロ圏では、欧州最大の経済国であるドイツの鉱工業生産がわずかに上回る減少となった。 7月に。

アトレル氏は「欧州や米国の現在の成長ファンダメンタルズと比較すると、米国は依然としてアウトパフォームしているように見える」と述べた。

同様に、ポンドも木曜日に3カ月ぶり安値付近まで下落し、最後に買われたのは1.2484ドルで、週間では0.8%を超える下落となる見通しだ。

不況下

対外取引における人民元は0.05%上昇し1ドル=7.3379元となったが、8月に記録した10カ月ぶり安値の7.3490元からはそれほど遠くない水準にある。 金は対ドルで週間で約1%下落し、約1カ月ぶりの最悪の週となる。

パンデミック後の経済回復の停滞と他国、特に米国との利回り格差の拡大が資本移動と貿易の重しとなり、中国人民元の価値は2月以来着実に下落している。

現地人民元は木曜日に2007年以来の安値水準を付けたが、今年これまでに対ドルで6%近く下落し、オフショア通貨と並んでアジア通貨の中で最もパフォーマンスの悪い通貨の一つとなった。

同氏は「米ドル/人民元は2024年半ばまでに7.50元まで上昇すると予想している。なぜなら、差し迫った大規模な財政刺激策はないようであり、したがって金融政策は経済支援の負担の一部を引き続き担う必要があるからだ」と述べた。アジア社のアジア責任者、アルビン・タン氏。 RBCキャピタル・マーケッツの外国為替戦略。

人民元の価値が急速に下落したため、当局は下落ペースを遅らせるために介入した。

人民元の流動性の代用としてよく使われる豪ドルは、直近の取引では0.07%上昇して0.6381米ドルとなったが、週間では1%を超える下落が予想されている。

同様に、ニュージーランドドルも今週は0.9%近く下落する傾向にあり、最後に買われたのは0.5890ドルだった。

トレーダーらの注目は円の低迷で、円は0.15%上昇して1ドル=147.06円となったが、昨年日本当局が介入するきっかけとなった主要な145円水準よりは依然として円安水準にある。

当局者らは円を守る取り組みを強化する一方、日銀の超緩和金融政策を維持する必要性も強調し続けている。

(レイ・ウィーによる報告、シュリ・ナバラトナムによる編集)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  日銀、インフレで進路が複雑になる:上田氏