Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

安倍前首相は、日本の与党最大の派閥のリーダーになりました

木曜日の安倍晋三前首相は、日本の与党自民党で最大の派閥のリーダーになった。 彼は9年間の不在の後、内部キャンプに戻った。

安倍首相が衆議院議長に選出された翌日の木曜日の会談で、派閥のメンバーによると、安倍首相は、前内閣の長官である星田博之氏を後継者として正式に任命した。

安倍首相は2012年に派閥を去り、昨年9月に辞任するまで党内連立に参加しなかった故内閣官房長官の町村信高氏が率いる。

安倍晋三前首相は、2021年11月11日に東京の党本部で開かれた日本の与党自民党の最大の派閥の会合で講演します。 (京都)

日本の長年の首相である安倍首相は、「誇り高き日本を次世代に引き継ぐために、皆様とともに最善を尽くしたいと思います」と述べた。

1979年に故福田康夫前首相によって設立された派閥は、約90人の議員を擁し、2000年以来、森喜朗、小泉純一郎、阿部、福田康夫の4人の首相を輩出している。

細田は火曜日に課長を辞任し、安倍首相に辞任を求めた。 会談では、出席した約20人の議員が提案を支持し、安倍首相は水曜日に要請を受け入れた。

LTTEの指導者が誰であるかを決定すること、通常首相のポストをもたらす役割を含むセクションは日本の政治において重要な役割を果たし、党は一般的に強力な衆議院を支配している。

一方、石原伸晃(石原伸晃)元自民党総書記は、10月31日の衆議院選挙で議席を獲得できなかったため、党派閥の最小指導者を辞任したと発表した。

現在7人の議員を擁するこの派閥は、東京で選挙区を失い、比例代表制で議会の議席を獲得できなかった石原の後継者を探している。


関連する報道:

日本政府は何百万もの「アフェノマスク」を未使用のままにしており、批判を呼んでいる


READ  日本の与党は国防費を急増させたい