Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

安倍首相の暗殺は日本の信仰産業にスポットライトを当てた

ポルノカルトの会員資格が不快になるのは、数年前に元信者が私に言った、地元のスーパーマーケットです。 年金受給者として、10キロの高値の揚げ豆腐を購入した瞬間、キツネの神を支持してすべてを川に投げ込む計画があることを誰もが知っています。

私が小諸で出会った他の元崇拝者—かつては全国で数千人を魅了した長野の田舎町の神秘的な神道の宗派—は、かつては熱意の象徴でしたが、現在は経済的後悔の遺物である棚を見せてくれました。 癒しのポーションの各ボトル60,000($ 434)が神社で購入され、水道水が含まれていました。

銀行や郵便局の口座からの莫大な貯蓄をより危険なものに変えることを拒否している日本にとっての問題は、政府や金融の誰もが宗教のセールスマンシップに匹敵することができるかどうかです。

いくつかの悲劇的で暴力的な怒りの結果である日本の宗教との異常な関係は、通常(コモロのように)徹底的な精査の対象となります。 安倍晋三容疑者が暗殺されてから一週間が経ち、容疑者は元首相一家に所属する宗教団体(統一家庭連合)による母親の経済的破滅への復讐を求めていると告白した。 長い付き合いがありました。

ほとんどの場合、日本と宗教の分析は、ほとんどの日本人はそれほど宗教的ではないという概念に異議を唱えています。 表面的には、日本は世俗的であり、正式な遵守は比較的低く、多くの日本人は彼らの関与に取引的で風変わりであることに満足しています。 標準的なライフスタイルのピックアンドミックス、キリスト教をテーマにした結婚式、妊娠、仏教の葬式には、神道の祝福が含まれる場合があります。この精神的な調停者は、個人または機関を誤解させます。

その外観にもかかわらず、宗教は社会的組織者としての強力な背景の存在と起業家の動機の理解を維持しています。 最後に、日本は少し上回っていました 180,500の登録された宗教団体:700人に1人、全国のコンビニエンスストアの3倍。

安倍首相の暗殺以来強く浮かび上がってきたこの議論の1つは、宗教団体が信頼できる選挙区や選挙運動のボランティアとして歴史的に日本の政治で享受してきた確立された立場に集中している。 安倍家と世界平和統一家庭連合とのつながりは魅力的ですが、長家学界仏教運動のメンバーによって設立され、今なお密接に関係している米堂党が過去10年間にわたって果たしてきた重要な連合の役割も同様です。

しかし、もう一つの常に興味深い見方は、日本の宗教が裸になるときはいつでも、それは普通の人々から分離できる金額であるということです(多くの場合免税)。 安倍容疑者の殺害容疑者の場合、日本のメディアは、20年前に統一教会に100mを寄付した後、母親が破産を余儀なくされたと親戚に伝えた。

それは、コモロでの偽の万能薬のカルトのような販売とともに、極端な例である可能性があります。 しかし、日本の信仰産業への時折の関心は、地元の神殿、仏教寺院、その他の店が「成し遂げられた」ことを怠るという社会的恐怖を巧みに利用する方法を私たちに思い出させます。

ここでの興味深い対照は、安倍首相の遺産と、彼のアベノミクス復活計画の大部分が見落とされていた目標の1つ、つまり世界で最も高齢化が進んでいる社会をあきらめるのではなく、現金に対する脆弱性を減らすキャンペーンから生じています。 株式のような資産。 もちろん、それは信仰の飛躍をとるために数世代を要求しました、しかし伝道の努力は誰も前に試みたことがなかったようでした。 日本銀行は前例のない上場投資信託を購入しました。 政府年金投資ファンドは、歴史的にポートフォリオの重み付けを国債から国内株式にシフトしてきました。 税制上の投資口座のプログラムが拡大され、日本郵政公社は数百万人の個人に投資ゲームを紹介するための大規模な新規株式公開を実施しました。

2012年に安倍首相が2期目の首相に就任したとき、日本の個人は日本の株式市場の20.2パーセントを所有していました。 2020年に数十年で日本で最も長く奉仕し、カリスマ的なリーダーが辞任した後の会計年度では、彼らは16.6パーセントを保持しました。 日本での有望な販売という点では、これは安倍首相の最悪の失敗かもしれない。

[email protected]

READ  世界で最も厳しい渡航禁止令がついに再開への意欲に陥っています