Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

安芸市の居置洞窟

安芸市の居置洞窟

目をまばたきすると見逃してしまうかもしれません 長さ 40 メートルのこの洞窟の入り口では、壁に埋め込まれた貝化石を見つけることができます。 約 300 万年前、この洞窟とその急峻な渓谷の壁は海の波によって削られましたが、今ではトンネルの先に待つ緑のバラが外から見える光景のように見えます。 ジュラシック・パーク 水中の海の景色。

急峻な峡谷の壁が曲がりくねった峡谷を形成し、洞窟の反対側の端で開口しています。 熱帯性シダの厚い層で完全に覆われています。 ここは年間を通じて気温が20度前後に保たれており、高知の穏やかな夏から逃れられるだけでなく、40種以上のシダ類が咲き誇る絶好のスポットでもあります。 植物の膨大な量と多様性は、1915 年に国の天然記念物に認定されました。

渓谷の底を流れる小さな川に沿って、素朴な小さな橋を渡って 30 分ほど歩くと、太陽の光が差し込み、鮮やかな緑の蛇行するシダを照らし、静寂に包まれ、五百木洞窟は神聖な空間のように感じられます。 、ジブリ映画の光景を思い出させます。 3 つの滝があり、そのうち最大の滝はトレイルの終点にひっそりとあり、水が青緑色の池に溜まります。

遊歩道を作るためにコンクリートで舗装されていることが多い日本の美しい自然地域とは異なり、ここでは改造は最小限に抑えられています。 湿気や時折生じるひっかかりから足を守るために、丈夫な靴を必ずご持参ください(または近くのビジター センターでレインブーツを借りてください)。

READ  「5つの成分の修正」古典的なフードネットワークの番組の中で、ファンは戻ってきたいと思っています