Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

宮城県知事、国体中止を提案

宮城県知事、国体中止を提案

全国審判協会会長の村井嘉浩・宮城県知事は月曜日、旧国体として知られる毎年恒例の国民体育大会を中止する考えを提案した。

マレー氏は定例記者会見で、今年から国民体育大会(国体)から改名された日本大会に言及し、「これは私の個人的な意見だが、中止するのも一つの考え方だと思う」と述べた。

毎年恒例のこのイベントは、国内 47 の県で交互に開催されます。 日本スポーツ連盟、文部科学省、開催県の共催。

1946年に始まったこの大会は2035年に第3回を迎える予定。

マレー氏は、開催州の財政負担が大きく、オリンピックなどの国際大会への出場を目指す著名なアスリートの一部しか参加していない、と述べた。

「我々は立ち止まって、第3ラウンドでも今と同じプレーを続けるかどうか考える必要がある」と彼は語った。

全国知事会は加盟郡に対しイベントの開催方法を問う世論調査を実施している。 同協会は調査結果について報告書を作成し、JSPOと共有する予定だ。

READ  世界中の桜 | 写真 世界中の桜旅行