Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

富士通、WBCSD PACT実施プログラムへの参加でCO2サプライチェーンの可視化を先駆者に成功: 富士通

富士通、WBCSD PACT実施プログラムへの参加でCO2サプライチェーンの可視化を先駆者に成功: 富士通

二酸化炭素排出量の見える化とデータ連携でネットゼロを目指す

富士通株式会社

東京、9月13日

富士通は本日、持続可能な開発のための世界経済人会議の炭素透明性パートナーシップ(PACT)実施プログラムに参加し、サプライチェーン全体のCO2排出量の可視化に成功したと発表した。 (1は、製品の二酸化炭素排出量 (PCF) に関する情報を取得するために企業間のデータ統合を可能にする世界初の社会実装ソフトウェアです。

このスキームの最初の実装において、富士通は、Pathfinder ネットワークに基づく PACT 準拠のソリューションである Track and Trust テクノロジーを活用しました。 (2実際のデータを関連付けて、ラップトップのサプライチェーン全体にわたる PCF の CO2 排出量を計算します。 富士通はまた、実際のサプライヤーデータを使用して PCF データを交換することにより、サプライヤーエンゲージメントを向上させ、エコシステムを構築する方法を含む、現実世界のサプライチェーンの問題に対する解決策を特定しました。

富士通は今後も、本プロジェクトを通じて収集したデータ収集・連携に関する知見を活用し、WBCSDなどの業界団体とともに、サプライチェーンにおける企業間のデータ連携の方法論やベストプラクティスの標準化に貢献していきます。 主要な関係者。 これにより、富士通グループのマテリアリティの考え方における重点貢献分野の一つである地球環境問題の解決に貢献していきます。 富士通は、本プロジェクトに加え、データ連携や方法論の標準化を通じて得た知見を、ESG経営プラットフォームやデジタルサプライチェーンサービスとして同社に提供していきます。 富士通オーヴァンス ファイル。

富士通は、PACT のリーダーおよび認定ソリューションプロバイダーとして、不確実性から影響まで、スコープ 3 サミットでの実装における改善点と課題について報告します。 (3 2023年9月19日(米国時間)予定。 また、富士通は、JEITAが支援するグリーン×デジタルコンソーシアム可視化ワーキンググループの副議長として、日本での実証実験やPoC(PoC)を日本企業の取り組みの進捗状況とともに紹介するとともに、今後の取り組みについて議論します。

持続可能な開発のための世界経済人会議の気候透明性担当ディレクター、アンナ・スタンリー・ラディアー氏は次のようにコメントした。

持続可能な開発のための世界経済人会議憲章

「私たちは、富士通が大手企業およびソリューションプロバイダーの1つとしてPACT導入プログラムに参加できることをうれしく思い、サプライチェーン排出に関する透明性の確立における富士通の献身と進歩に感銘を受けました。私たちは、富士通の継続的なリーダーシップ、協力、支援に感謝しています」緊密に協力して取り組みを世界規模に拡大できることを楽しみにしています。」

カーボンニュートラルの実現には、一企業だけでなくサプライチェーン全体でCO2排出量を削減することが世界的な課題となっています。 この問題を解決するには、企業は自社製品のサプライヤーメンバーごとに統一された PCF を計算し、企業間で共通の形式で PCF データをフォーマットする必要があります。 業界全体の標準化は長年の課題です。 WBCSDは2021年にPCF計算とデータ統合手法に関するPACTを立ち上げ、世界中の主要な取り組み、企業、ソリューションプロバイダーの参加を奨励しており、富士通は2022年11月からPACTメンバーを務めている。

今回の実装の概要

富士通は日本企業のリーダーとして PACT 実施プログラムに参加し、長瀬産業株式会社と協力して以下の成果を達成しました。 そして、JEITA後援のグリーン可視化ワーキンググループに参加した株式会社ゼロボード

1。概要:

  • 対象製品:富士通製ノートパソコン
  • サプライヤーレベル: 富士通ノートパソコン製造サプライチェーンの上流サプライヤー (レベル 1、2、3)
  • データ統合オブジェクト: Pathfinder Framework に基づく PCF データ
  • ソリューション: Fujitsu Track and Trust および Zeroboard、Pathfinder ネットワーク上に構築された PACT 準拠のソリューション

2. 各社の役割と責任:

  • 富士通 (レベル 0): リード企業。ステークホルダーとの関係構築と全体的な推進を担当します。 PACT準拠のソリューションプロバイダー。
  • 長瀬産業株式会社(Tier2):有機農機具のサプライチェーンに広範なネットワークを持つ化学品の専門商社。 Tier 2 サプライヤーとして、彼はパートナーの調達、サプライ チェーンからのデータ収集、パートナーとの協力を担当しています。
  • Zeroboard Inc.: PACT 準拠のソリューションである Zeroboard のプロバイダーは、長瀬産業株式会社とのデータ統合に Zeroboard を使用しました。
  • 協賛企業:國森化学株式会社 (Tier 1) PC エンクロージャのメーカー。 ロッテ化学株式会社(レベル3)が樹脂材料を提供。 SABIC特化型ビジネス(レベル3)
イチジク。 プログラム概要イチジク。 プログラム概要

今後の計画

富士通は、PACT への継続的な関与を通じて、Pathfinder ネットワークを介したリアルタイムのデータ接続を可能にするソリューション開発とサプライヤーとの連携を通じて、規格開発とサポート活動に貢献し続けます。

さらに、EUの電池規制などの法規制に準拠したデジタルサプライチェーンサービスの提供も予定しています。 (4 企業の社会的責任に関する EU 指令 (5富士通は、本サービスをグローバルかつさまざまな業界に展開することで、業務横断的に断片化されたデータを統合し、企業間を繋ぐデジタルサプライチェーンを構築し、サプライチェーン全体の最適化を図り、世界的なカーボンニュートラルの実現に貢献していきます。 。


関連リンク

持続可能な開発目標(SDGs)への富士通の取り組み

2015年に国連によって採択された持続可能な開発目標は、2030年までに世界中で達成される一連の共通の目標を表しています。

富士通の目的である「イノベーションを通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能なものにする」は、持続可能な開発目標に裏付けられたより良い未来のビジョンに貢献することを約束します。

このプロジェクトに最も関連する目標

富士通について

富士通の目標は、イノベーションを通じて社会への信頼を築き、世界をより持続可能なものにすることです。 100 か国以上の顧客に選ばれるデジタル変革パートナーとして、当社の 124,000 人の従業員は人類の最大の課題のいくつかを解決しています。 当社のサービスとソリューションのポートフォリオは、コンピューティング、ネットワーキング、AI、データとセキュリティ、コンバージェント テクノロジーという 5 つの主要テクノロジーに基づいており、これらを組み合わせて持続可能な変革を実現します。 富士通株式会社 (東証:6702) は、2023 年 3 月 31 日終了会計年度の連結売上高が 3 兆 7,000 億円 (280 億米ドル) であると報告しており、市場シェアでは引き続き日本第 1 位のデジタル サービス会社です。 詳細については、www.Fujitsu.com をご覧ください。

「連絡先」をクリックします

富士通株式会社
広報・IR部

お問い合わせ


ここに記載されているすべての会社名または製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。 このプレスリリースに記載されている情報は発行時点で正確なものであり、予告なく変更される場合があります。


日付: 2023 年 9 月 13 日

市: 東京、日本

会社: 富士通株式会社

READ  市場規模2021年主要な主要プレーヤーによるコバルトベースのナノ結晶ストリップ市場分析