Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

寿司とコニャックの組み合わせ | 日々の業務

2023年5月23日火曜日

日本人シェフが高級レストラン「ミツキ」で本格的な寿司体験をケニアにもたらします

寿司は、多くの場合、生の魚介類が添えられる日本料理の主な米料理であり、長年にわたり、多くの高級レストランのメニューの中で標準的なアイテムとなっています。

ケニアの外国料理への欲求が高まるにつれ、ホテルは一流のシェフを起用して自社の料理を強調するなど、あらゆる工夫を凝らしています。

寿司の専門家である大野木一夫氏に会うと、彼はこう要約しました。「この地域にはまだ本格的な寿司屋がありません。」

彼の言葉通り、本格的な寿司はカウンターで一対一で提供され、一人の職人の指先でのみ提供されます。 日本で最高の寿司レストランは、通常、1 年以上予約で埋まっているのは、この独占性のためである、と彼は付け加えた。

コニャック 1

日本酒は色が変化する日本の魔法の桜のカップで提供されます。 ファイルイメージ | ヒラリー・キモヨ | NMG

過去数か月にわたって、54 歳の彼は、ヴィラ ローザ ケンピンスキーに本格的な日本のおまかせスタイルの寿司レストランをオープンしました。

私たちは、大貫が総料理長を務めるホテルの新しいレストラン「鮨みつき」で、本来の食べ方で寿司を食べています。

オリジナルの寿司は特別な提供品なので、これに合わせるドリンクとして、50 万シリングのレミーマルタン ルイ 13 世以上のものがあるでしょうか。

尾名木シェフが私たち8人のグループを、メインカウンターに9席、個室に6席だけの和をテーマにした空間に案内し、一生に一度の体験をお約束します。

コニャック 4

ナイロビの寿司ミツコの総料理長、小野木和夫氏が調理して提供する銀ダラの西京焼き。 ファイルイメージ | ヒラリー・キモヨ | NMG

その言葉どおり、Mitsuki’s での食事体験は個人的なものです。 シェフはゲストと対話しながら、小野木シェフが「おまかせ風」と表現する 8 コースのテイスティング メニューを準備します。

おまかせとは文字通り「あなたを信頼します」という意味です。

「ここで私たちがやっていることは、あなたが私を選んだ理由を少し超えています。私たちは、私が長年にわたって食べてきたすべてのおまかせ料理からインスピレーションを得てデザインされたレストランを持っています。そこで、テイスティングメニューであなたをご案内します。旅です」と小野木さんは言います。

寿司作りは自信に満ちた芸術であり、見習いシェフは何年にもわたってマスターを見ながら作り方を学びます。 あるレベルから別のレベルへの移行は、信頼のレベルによって異なります。

コニャック 2

象徴的なクリスタル デカンタに入ったルイ 13 世コニャック、右側に特別にデザインされたルイ 13 世クリスタル ゴブレット、ぐい呑み (中央)、そして色が変化する日本の魔法の桜カップ。 ファイルイメージ | ヒラリー・キモヨ | NMG

各握り(手押し寿司)は、絶妙な一口で食べられるように設計されており、他の握りと連携してより大きな物語を伝えます。今夜は、一口一口がルイ 13 世の一口で洗い流されます。

ルイ 13 世には、ボトルを開けるところから、高級コニャックを楽しむために特別にデザインされたルイ 13 世クリスタル グラスに貴重な液体を注ぐまでの儀式があり、ブランド アンバサダーのミカエル ボナミー レミー コアントローがすべての手順を説明します。

アンコウの肝は、ルイ 13 世の独特の風味を引き立て、高めます。 焼きサバや銀だらも同様です。

私たちがおしゃべりしている間、小野木シェフが次の料理であるブリの腹を手際よく切り始め、ボナミさんが上質なコニャックをもう一杯注いでくれます。

「ブリは日本海の刺身の王様。脂がのって甘みが強いんです」と大野木さん。

鮨みつきは、伝統的な米から作られたワインである日本酒を提供する本格的な日本料理レストランです。 小野木シェフは、色が変化する日本の桜のカップやマグカップでお酒を提供して私たちを驚かせました。

ちなみに、お皿を置いたり、カウンターの下の段に降りたりするのは眉をひそめられます。 高めに置いてお寿司をお楽しみください。

もう一つのコツは、お箸で食べても大丈夫だということです。 お寿司は箸で縦に持ち、崩れないようにしっかりと握りましょう。

シェフとの会話も寿司コーナーの醍醐味です。 シェフがそれぞれの食材の産地、作り方、食べ方などを教えてくれます。

コニャック 3

ナイロビでミツキ氏のルイ13世コニャック試飲体験中の、ソチ総料理長ミツキ氏の小野木和夫氏(左)と元東アフリカのレミー・コアントロー・ブランドアンバサダーのミカエル・ボナミ氏(右)。 ファイルイメージ | ヒラリー・キモヨ | NMG

デザートには、大貫シェフが、酸味と鮮やかさを兼ね備えた独特の柑橘系の風味を持つゆずロバートをご用意しています。 お口の中がすっきりし、腹持ちも良くなる、たまらなく美味しいデザートです。

[email protected]

READ  呼吸器合胞体ウイルスとインフルエンザが一般的であるため、予防措置は小児科医によって助言されます