Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

専門家が日本の若者に手を差し伸べて、COVID-19ワクチンの神話を暴く

COVID-19に対するワクチンは女性に不妊症を引き起こしますか? それとも、生きているコロナウイルスがショットの中にあるので、ショットは人を病気にしますか? 結局のところ、ワクチンは開発が早すぎたために安全ではありませんか?

このような噂や虚偽の主張はオンライン、特にソーシャルメディアで広まり、COVID-19ワクチンの発売に関しては限界に追いやられている若い日本人の間でワクチン接種反対の態度に拍車をかけています。

このような神話を払拭するために、ウイルス学者と保健省は、ワクチン接種を通じてコロナウイルスから身を守るように国民を説得し、利益と安全性を特定するために失われた時間を埋め合わせるという任務を引き受けました。 ショットの。 日本での予防接種は必須ではありません。

この動きは、国民にワクチン接種を促すことを目的とした政府とその高官から送られたメッセージが若い世代に共鳴しなかったことを示しています。

起こりうる副作用を取り巻く神話を払拭するために、保健省はそれらに関する詳細な事実情報を掲載したウェブサイトを立ち上げました。このイニシアチブは特にこれに関心のある若い女性を対象としています。 予防接種が出産するのに及ぼす影響

「(mRNA)ワクチンが不妊を引き起こすという科学的証拠はまったくありません」と、感染症の専門家である相澤志保子氏は、最も広まっている噂の1つを暴くためにウェブサイトに書いた。 「何らかの理由で、ワクチン接種が不妊を引き起こすという長年の神話がありますが、ワクチン接種がこれまでに使用されたワクチンのいずれかで不妊を引き起こしたという証拠はありません。」

8月28日、東京の渋谷地区にあるCOVID-19ワクチン接種サイトの外に人々が並んでいます。 共同通信

政府は、予防接種を受ける資格のあるすべての人が11月までに予防接種を受けることができると約束しています。 しかし、特に若者の間でワクチンについての執拗な抵抗は、目標を損なう可能性があります。

オンライン調査 20代から70代までの東京都民1,000人を対象とした東京都が8月26日に発表したところによると、15歳から19歳と20代と30代の人々はワクチン接種に消極的でした。 たとえば、15歳から19歳までの少女の27.6%は、ワクチン接種の準備ができていないと述べています。 全回答者の39.5%が、彼らの情報に基づいて、COVID-19ワクチンはウイルスに対して効果がないようであると主張しましたが、ワクチンが長期的な副作用を残す可能性があると主張する人もいます。

ビデオメッセージ保健省は、起こりうる副作用を明らかにし、数日後にはこれらの症状が消えるはずだと視聴者に安心させ、症状が変わらない場合は医師に相談することを提案し、そのような状況はまれであることを強調しました。 しかし、部門の関係者は、ワクチンは感染を防ぐための最も効果的なツールですが、ワクチン接種を受けた人は、自分自身や他の人を守るために、社会的距離やその他の予防規則を隠蔽し、遵守する必要があると警告しました。

結果はまた、人々、特に20代の人々が、主にTwitterやLineなどのプラットフォームから流行とワクチンに関する情報を収集し、それぞれ46.2%と37.9%が情報源として引用していることを示しました。 10代の若者の約44%は、パンデミックに関するニュースを収集するためにTwitterに依存していました。

政府のCOVID-19対応小委員会の委員長である尾身茂は、コロナウイルスの緊急規制の緩和と東京オリンピックへの対応に関して、ここ数カ月、国の指導者たちと対立している。 当局は、あまりにも寛大な措置は国民を混乱させ、ウイルスに満足させる可能性があると警告した。

多くの若者が最新のニュースアップデートのためにInstagramのようなソーシャルメディアプラットフォームに目を向けていることを知って、近江は若者の直接のターゲットを取りました。 9月の初めから、彼はビデオや投稿を共有し、さらにライブでCOVID-19に関連するワクチンや脅威に関する情報、およびこの病気を予防および保護するその他の方法を共有しています。

訪問者は、8月2日に東京の青山大学にあるCOVID-19ワクチン接種センターのレセプションで彼女の文書を提示します| プール/ロイター経由
訪問者は、8月2日に東京の青山大学にあるCOVID-19ワクチン接種センターのレセプションで彼女の文書を提示します| プール/ロイター経由

パンデミックに関する政府の主任顧問として、近江はコロナウイルスタスクフォース会議の後、しばしば悪いニュースの担い手としての役割を果たしてきました。 9月3日に彼のInstagramアカウントに投稿されたビデオメッセージで、彼は政府とコロナウイルスと戦うためのタスクフォースが若者との対話に従事できなかったことを遺憾に思っていると述べた。

パンデミックの初期段階で、菅義偉首相は、最も広く使用されているソーシャルメディアプラットフォームの1つを介して政府の政策を伝えることを期待して、Twitterを利用して一般の人々に連絡を取りました。

ウミはなぜインスタグラムを使ったのかを語った。 「ここでコミュニケーションの方法を見つける機会があることを願っています。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本の札幌はCOVID-19の再燃の中でオリンピックに向けて準備ができていません