Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小さなビクトリアソーラーファームのための日本のリボルビング投資家の土地融資契約

日本の再生可能エネルギー開発者であるバイソンエナジーは、地元の年金基金との契約を結んだ後、ビクトリア州にある小さな5メガワットのソーラーファームの財政的閉鎖に達したと語った。

シェパートンの近くにあるコスグローブソーラーファームは、バイソンエナジーによって開発されている9つの小さなソーラープロジェクトの1つであり、最近、ビクトリア州の環境、国土、水、計画局(DELWP)から計画承認を受けました。

シェパートンの東20キロにある小さな北部の町コスグローブに建設される予定の17ヘクタール(下)のソーラーファームは、現在の地主/農民から30年間リースされています。

Cosgrove Solar Farmは、ビクトリア州とニューサウスウェールズ州のBison Energy Groupが所有する約50MWの小規模ソーラーファームのポートフォリオの一部であり、すべて開発のさまざまな段階にあります。

オーストラリアの資産に加えて、バイソンエナジーグループはヨーロッパと東アジアにまたがるポートフォリオも誇っています。

READ  ロシアと西側は全面的な経済戦争に向かっている| ビジネスと経済