Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小売会社GAMEが物理的なゲームとデバイスの店頭販売を終了すると報じられている

小売会社GAMEが物理的なゲームとデバイスの店頭販売を終了すると報じられている

画像: ニンテンドーライフ

からの新しいレポート EスポーツGfinity 小売業者のGAMEは、物理的なゲームとデバイスの店頭販売を間もなく終了することを提案した。

GAMEに近い情報筋によると、同社は代わりに店内在庫に関して「予約注文のみ」の方針を導入するという。 つまり、地元の GAME ストアで『ゼルダの伝説 エコーズ オブ ウィズダム』や『メトロイド プライム 4: ビヨンド』などのゲームを購入する場合は、必ず最初にコピーを予約注文するか、オンラインで購入する必要があります。店舗への配送用。

この動きは、GAME報酬システムがまもなく終了することが確認されるとともに、小売店からの下取りおよび中古株式の廃止に続くものである。 この記事の執筆時点では物理的なカードも利用できなくなっているため、顧客は 7 月末までモバイル アプリ経由で残りの特典ポイントを使用する必要があります。 同社はSwitchの後継機が今会計年度中に完全に発表されることを確認しているため、ゲームと物理ハードウェアの撤去は任天堂にとってやや重要な時期でもある。

小売店 (現在、その多くは Sports Direct サイト内にあります) が物理的なゲーム メディアからますます遠ざかっていることは周知の事実です。 今日、店に入ると、ファンコ ポップのフィギュアやスクイシュマロ、さらにはテレビ番組ブルーイからインスピレーションを得た就学前のおもちゃの棚が出迎えてくれるでしょう。

今年初めの報告書では、店舗マネージャーを除くGAMEスタッフの大部分もゼロ時間契約に移行することが確認されており、事実上、一貫した安定した労働時間は保証されないことを意味している。 同時に、小売店でも人員削減が報告された。

最新のレポートについて GAME にコメントを求めており、その回答を含めてこの記事を更新します。

READ  Dell Technologies は、アジア太平洋地域と日本地域で大きなテクノロジーの変化が起こると予想しています