Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小売店やバーの顧客を安心させるために示されているスタッフの予防接種状況

ノジマの電気店の従業員は、顧客を安心させるために、COVID-19の予防接種を受けたことを示す記号をネームカードに表示しています。

和民は、11月にオープンした新しいタイプの居酒屋「居酒屋」でも同様のシステムを導入し、他のレストランチェーンに拡大する予定です。

ただし、専門家はこれらの取り組みについて意見が分かれています。 予防接種を受けないことを選択する従業員の自由は尊重されるべきであると主張する人もいます。

神奈川県の大手家電量販店であるノジマは、職場での予防接種プログラムを通じて、新しいコロナウイルスワクチンを2回接種した従業員に「予防接種」というポスターを配布しました。

予防接種を受けるか、店舗の名札にラベルを貼るかは、従業員一人ひとりの責任です。 野島の代表は、社内外で混乱は報告されていないと述べた。

居酒屋チェーンを運営する和民は、約1,500人の従業員に市町村などで予防接種を受けるよう奨励する予定です。

ある代表者は、「お客様に安心していただける環境を提供したい」と述べ、職場での予防接種は予定していないと付け加えた。

予防接種は必須ではありません。 ワタミは、注射を受けたくない場合は、定期的にポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を実施するよう従業員に要求する予定です。 会社が試験の費用を負担するかどうかは明らかではありません。

セカンドショットを撮った、または定期的なPCRチェックで陰性であった従業員には、名前カードにコードが記載されています。

熊野英生、第一生命研究所チーフエコノミスト。 これらの取り組みを積極的に評価してください。

「集団免疫を達成するにはさまざまな努力が必要です」と彼は言いました。 「これは、企業がとることができる行動に関して違いを生む努力です。」

しかし、労働者の権利に精通した弁護士の島崎しからが懸念を表明した。

「企業は、従業員に予防接種を受けるか、予防接種を受けた人に優遇措置を与えることを自由に奨励できますが、予防接種を受けない自由も尊重されなければなりません」と彼は言いました。 「企業は、ワクチン未接種の従業員が不利益を被らないようにする必要があります。」

スーパーマーケットチェーンのイオン株式会社は次のように述べています。 とオリエンタルランド株式会社。 東京ディズニーリゾートを運営する、は、名前カードに従業員の予防接種状況を表示する予定はないと述べた。

イオンは職場で予防接種を受け始めました。 ある代表者は、同社の取り組みは従業員がワクチン接種を受ける機会を提供することに限定されていると述べた。

予防接種法の下では、人々は新しいコロナウイルスワクチンの接種を奨励され、ワクチンを接種するかどうかを決定する期限が与えられています。

保健省は、職場での予防接種を提供する企業へのガイドの中で、事業者に従業員の同意を得て、予防接種を要求しないように要求しました。

(この記事は、野口悠、渡辺順樹、田子和美によって書かれました。)

READ  英国政府は経済ブームを望んでいると言っています