Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小島秀夫がディスカッションを終了:PlayStationKojimaProductionsを購入しない

小島秀夫がディスカッションを終了:PlayStationKojimaProductionsを購入しない

小島秀夫は個人のツイッターアカウントにメッセージを投稿し、彼が運営するスタジオであるコジマプロダクションが独立しており、今後も独立し続けることを確認しました。 木曜日にPlayStationStudiosの公式ウェブサイトのヘッダーに投稿された示唆に富む写真は、DeathStrandingのヒーローであるSamPorter Bridgesに道を譲るために、コラージュの左側に表示されるコンクリートの魔神を一時停止しました。 単純な間違い? ソニーによる購入の前兆?

憶測は4月14日の午後から夕方まで続いていたが、金曜日の朝の早い時間に、Death Strandingの作者であり、彼の名前を冠したスタジオの責任者である小島秀夫自身が、物事の整理を担当した。 彼のメッセージ(Google翻訳による日本語から英語への翻訳)には、「誤解を招くように聞こえますが、Kojiproは独立した制作スタジオであり、今後もそうなるでしょう」と書かれています。

何が起こっているの?

この投稿、PlayStation Edition、およびKojima Productions自体が同じ画像でメッセージを共有しているため、PlayStationStudiosマストヘッドへの変更はあまり意味がありません。 The Last of Us:Part 2、Ghost of Tsushima、Demon’s Souls Remake、Returnal、Days Gone、God of Warなどの名前をすべてPlayStationの内部スタジオ傘下に含めると、最高とは思えませんそれが(今のところ)コンソールにどれほど排他的であっても、PlayStation以外のビデオゲームを含めるという世界のアイデア。

505GamesはPCでのDeathStrandingの発行元ですが、Kojima Productions(および小島秀夫によると今後も存続します)は、独立した日本のスタジオであり、自由にビジネス関係を結び、適切と思われる他の企業と取引します。

PlayStationStudiosバナーのConcreteGenieがDeathStrandingに置き換わります。

PlayStation Studios、2019年からの8つの主要な買収。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長兼最高経営責任者であるジム・ライアンは、昨年4月に、パイプラインでスタジオを購入することについて「より多くの計画」があると述べただけです。 過去3年間だけで、彼らはInsomniacゲーム(Marvel’s Spider-Man、Ratchet、Clank)、Housemarque(Returnal)、Nixxes Software、Firesprite(The Playroom VR)、Bluepointゲーム(Shadow of the Colossus Remake、Demon’s Souls)を購入しました。 Remake)、Valkyrie。Entertainment、Bungie(他のプラットフォームにも展開されます)、HavenStudios。

ソース| 小島秀夫

READ  ジャパンブレックファーストツアー2022:チケットの購入方法、スケジュール、日程