Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小島秀夫が文部科学大臣から賞を受賞

小島秀夫が文部科学大臣から賞を受賞

児島海道は、文部科学大臣から美術賞を受賞しました。 彼の最新タイトルの成功、 デスストロング:ディレクターズカット、賞に貢献しました。 発表はコジマプロダクションが行いました プレスリリース英語でご利用いただけます。

通知ページ 文化庁のウェブサイトで、小島秀夫がメディアアート部門で受賞したことが確認されました。 また、受賞の理由を説明する文書も含まれていました。 委員会はコメントした 死の殴り合い主人公は、別々のコミュニティを1つの宅配便に組み合わせることによって作成されました。 1987年の彼の仕事から始めて、メンバーは、既存の原則に違反し、スポーツでのみ実行できる方法を実証するための彼の一貫したアプローチについて児島を賞賛しました。 メタルギア スポーツ。

小島秀夫は、2008年に発売された最新のメディアアート部門で、毎年恒例の日本の美術大臣賞を受賞した2番目のゲームクリエイターです。 任天堂の宮本茂は、2010年にゲーム関連賞を受賞した最初の人物です。

死の殴り合い PlayStation4およびPCで利用できます。 A ディレクターズカット ゲーム版はプレイステーション5でリリースされました。 コジマプロダクションと505GamesがPC版をリリース デスストロング:ディレクターズカット 2022年3月30日。

READ  北朝鮮、日本との協議拒否、首脳会談も拒否=朝鮮中央通信