Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小林製薬の紅麹サプリメントからさらに予想外の化合物が発見

小林製薬の紅麹サプリメントからさらに予想外の化合物が発見

小林氏の製薬会社の一部でさらに予想外の化合物が発見された 茶麹 (紅酵母米) 一連の健康問題の背後にあるとされる栄養補助食品。

保健省と国立保健科学研究所は金曜日、成分サンプルの分析で栄養補助食品には通常含まれない少なくとも2つの化合物が発見されたと発表した。

小林製薬が行った試験では、以前にも栄養補助食品中に青かび由来の天然化合物であるピロール酸の存在が検出されていた。 ピロール酸には抗生物質としての特性がありますが、毒性が非常に高いため、通常は栄養補助食品には含まれていません。

保健省は小林製薬から過去3年間に製造された紅麹の原料サンプルの提供を受け、国立研究所が昨年6~8月に製造されたものを分析した。 この期間に製造された成分を含む栄養補助食品の使用者の間で健康上の問題が報告されています。

同省は、新たに発見された化合物と健康問題の原因の特定に取り組んでいる。 同省関係者は「できるだけ早く特定したい」としている。

小林製薬によると、同社のサプリメントの使用が原因で死亡した疑いのある人は木曜時点で5人に達し、240人が入院している。 合計1,434人が病院を訪れている、または通院を希望している。

同社には、栄養補助食品による健康被害について8万8000件の問い合わせがあった。

READ  ニューヨークのあなたの場所での日食のタイミングを調べてください