Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小田氏、職員らは日本の高梁市への旅行から戻ってきました

マット・クレビンジャー著

[email protected]

トロイ — トロイ市とトロイ地域商工会議所の代表者らは、新型コロナウイルス感染症による制限のため4年ぶりにトロイの姉妹都市である日本の高梁市への貿易使節団から最近帰国した。

「最後に行ってから4年が経ちます」とトロイの公共サービス・安全部長のパトリック・テタリントン氏は語った。 「サイクルをスキップしました。最後に行ったのは 2019 年でした。」

ティタリントン、トロイ市長ロビン・オダ、トロイ商工会議所会頭ジョセフ・グレイブスは貿易使節団旅行に参加するため、5月12日金曜日に出発した。 一行は、高梁市職員、ホンダロジスティクスコーポレーション(コメオ)、リンテック(スピネーカー)、エフテック(F&P)、ホンダモーターズの代表者らとの訪問後、5月21日土曜日にトロイに戻った。

「目的は日本企業5社の本社を訪問することでした」と小田氏は語った。

「私たちは常に成長の機会を探しています」とグレイブス氏は語った。 「すべての新規雇用の 80% は現在の業界から来ているため、既存の業界との関係を築くことが非常に重要です。」

「私たちが彼らと協力し、彼らの将来の成長を支援するためにここにいるということを彼らに理解してもらいたいのです」と彼は語った。

30年以上前に姉妹都市関係が始まって以来、トロイ市長らは定期的に高梁市を訪れている。 高梁市の職員も定期的にトロイを訪れており、両市は長期にわたる学生交換プログラムに参加している。

ティタリントン氏は「姉妹都市関係が始まったときに最初からやり直し、もう33年が経つ」と語った。

「貿易任務は、地元企業との連絡を維持する上で重要な部分です」と小田氏は語った。 「ここから来た企業と連絡を取り合うのは簡単ですが、外国投資家や外国企業がいる場合はそうはいきません。」

一行はまた、オハイオ州雇用プログラムの代表者と高梁市の近藤市長を訪問し、ひな人形工場、伝統的な酒造所、備中松山城など他の地元の名所を案内しました。 他の局には、グループが私的な茶道に参加した吹屋村や、小田が日本のテレビ視聴者のためにインタビューされた地元のテレビ局が含まれていました。

旅行中、一行は時速約320キロの急行列車に乗り、高橋淳南高等学校を訪問し、ロボット工学、数学、グラフィックアートを学ぶ生徒らと会話する。

ティタリントン氏によると、タカハシの人口はトロイの人口に似ているが、より広い面積をカバーしているという。

小田さんは「全然違うよ」と語った。 「彼らの市政府は病院、学校、保健局を運営しています。」

「彼らの人口は減少しています。なぜなら、彼らの若者たちが去り、戻ってこないからです。」と彼女は言いました。 彼らは人口を維持するのに苦労しています。 彼らは私たちが成長しているという事実に非常に興味を持っていました。」

「彼らは交換留学生とトロイ市との関係を非常に高く評価しています」とグレイブス氏は言う。 「こうした関係が将来にわたって続くことが非常に重要です。」

「それは本当に遠距離の友情です」と彼は言いました。

小田氏は学生交換は8月に再開される予定で、近藤氏も将来のある時点でトロイ訪問の準備をしていると述べた。

「学生交流はこの夏からまた始まります」と彼女は言った。 「彼らは11人の学生と3人の大人を連れてくる予定です。」

「来年、おそらく今頃、市長とその付添人を迎える予定だ」とティタリントン氏は語った。 「私たちは、おそらくその後、7月か8月に学生代表団を現地に派遣することを考えています。」

高梁市との美術交流再開も進めている。

「それが私たちがやりたい文化的支援のもう一つの部分です」とティタリントン氏は語った。 「過去に1、2回、高校の美術プログラムを通じて美術交流をしたことがあります。」

「姉妹都市関係は日本のビジネス文化の重要な部分です」と彼は言いました。 「日本企業は、私たちが33年間にわたって育んできたこの都市と真剣な姉妹関係があることを認識し、高く評価しています。」

READ  日本で車と衝突したときに彼女を救おうとした猫の後の2人の生存者の物語