Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

小野昌磨が羽生結弦と対戦し、フィギュアスケートの日本タイトルを獲得

小野昌磨が羽生結弦と対戦し、フィギュアスケートの日本タイトルを獲得

小野昌磨は6回目の国内タイトルを獲得し、羽生結弦の過去50年間の日本人シングルスケーターの通算最多記録に並んだ。

2度の世界チャンピオンである小野は、今週長野で行われた2つのプログラムの間に6つの4回転ジャンプを成功させ、298.04点を記録した。

オリンピック銀メダリストの鍵山優真を5.94点上回った。

両選手とも3月の世界選手権に出場する可能性が高く、今月初めのグランプリファイナルで優勝したアメリカ人のイリヤ・マリンンが優勝候補になる可能性がある。

小野は2016年から2019年にかけて4年連続国内タイトルを獲得し(羽生はそのうち3つを逃したが)、その後過去2年間も再び優勝した。 2022年のオリンピック後に引退した羽生選手か大野選手は、2012年以来すべての国内タイトルを獲得している。

本田武史も1990年代半ばから2000年代半ばにかけて6つの国内タイトルを獲得した。

佐藤信夫氏は、日本最高のスケーター数人を指導する前に、1950年代と1960年代に連続して10回の日本タイトルを獲得した男子記録を保持している。

女子では2度世界チャンピオンの坂本花織が千葉宗を23.85点差で4度目の優勝を果たした。 これは彼女の4つのタイトルの中で最大の勝利差である。

2000年以降、これ以上の国内タイトルを獲得した女性は浅田真央のみで、6回タイトルを獲得している。

READ  チャンピオンシップの選手: Rory McIlroy、Scottie Scheffler、John Rahm はすべて複雑な運命をたどっています