Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

少数の都市が都市の温室効果ガス排出を推進している-研究

2019年1月12日、中国河北省邯鄲市の汚染された日に、マスクを着用した女性が建物を通り過ぎます。REUTERS/ Stringer / File Photo

ロンドン/マドリッド(ロイター)-わずか25の大都市(ほぼすべて中国)が、世界中の167の都市中心部のサンプルから排出される温室効果ガスの半分以上を占めました。排出量の分析は月曜日の傾向を示しました。

しかし、一人当たりの観点から、世界の最も豊かな地域の都市からの排出量は、発展途上国の都市中心部からの排出量よりも一般的に高いと、研究者は 勉強中 オープンアクセスジャーナル「FrontiersinSustainableCities」に掲載されました。

この調査では、53か国の167の都市で報告された温室効果ガス排出量を比較し、上海、北京、邯鄲を含む23の中国の都市、モスクワ、東京が全体の52%を占めていることがわかりました。

世界的な排出量への貢献度が高く、気候論争における重要性があるため、中国、インド、米国、欧州連合のより多くの都市が含まれていました。

研究の共著者である中国南部の広州市にある中山大学の生態学者であるShaoqingChenは、調査結果は、排出量の削減において都市が果たす重要な役割を浮き彫りにしていると述べた。

「それは単純で論理的だ」と彼は言った。 「行動を起こさなければ、最終的には(気候変動)に苦しむだろう」と彼は言った。

世界の平均気温は、産業革命以前のベースラインと比較してすでに1°C以上上昇しており、パリ協定で設定された1.5〜2°Cの制限を超える軌道に乗っています。

しかし、チェンと他の科学者は、彼らの研究で使用できるデータのいくつかは不完全であり、いくつかの都市は2005年に遡る数を報告していると警告しました。

彼らは、都市が排出量を報告する方法に一貫性がないため、比較が困難であると付け加えました。

「最後のバッチ」

2018年にジャーナルEnvironmentalResearch Lettersに発表された調査では、大小を問わず13,000の都市のはるかに大きなサンプルが分析され、世界の人口の11%を含む100の都市が18%の炭素排出につながっていることがわかりました。

2018年の論文を共同執筆したイェール大学の地理学および都市科学の教授であるカレン・セト氏は、新しい分析は「文学の成長と都市排出量の理解に貢献している」と述べた。

オンタリオ工科大学の教授であり、持続可能な都市と気候変動に関する世界銀行の元顧問であるダン・ホーンウェグ氏が追加されました。

チェン氏は、新しい分析は、大都市の排出削減目標とその削減の進捗状況を最初に調べたものだと述べた。

また、68の都市(ほとんどが先進国)は、排出量を削減するための絶対的な目標を設定しています。

しかし、調査で進捗状況が追跡された42都市のうち30都市のみが減少を示しました。 それらのほとんどは米国とヨーロッパにありました。

分析は、中国では一人当たりの排出量が多い都市が一般的に主要な製造センターであるのに対し、一人当たりの排出量が多い先進国の都市は消費レベルが高い傾向があるという科学者の期待を裏付けています。

ホーンウェグ氏は、ヨーロッパやその他の先進国は排出量を増やすことなく成長できるが、世界はさまざまな速度で動いていると述べた。

「彼らはそこにたどり着くまでに大量の排出物を生み出し、中国は現在この時点にある。インドはある時点でそこに到達し、これらすべての最後の大きな後押しはアフリカになるだろう」と彼は述べた。

シンガポールのKanupriyaKapoorによる追加の報告。 KatieDaigleとHelenPopperによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  バイデンの補佐官は物議を醸すCovidマスクの変更を擁護します| バイデン政権