Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

山口尚秀が日本3位の金メダルを獲得し、世界記録を樹立

スイマーの山口ナボヒットは、日曜日の東京パラリンピックで男子SB14100m平泳ぎ金メダルを獲得した。

山口は東京アクアティクスセンターのオーストラリア人ジェイク・マイケルを0.51で破り、1分03.77秒で世界記録を樹立した。 英国のスコット女王が銅メダルを獲得。

日本の山口尚秀は、2021年8月29日に東京パラリンピックで開催された男子SB14100m平泳ぎ決勝に出場します。 (京都)==京都

「世界記録を拡大し、金メダルを獲得するという2つの課題を完了できたことを嬉しく思います」と、知的障害のある山口氏は述べています。

「決勝でペースを上げようとした」

山口は初のパラリンピックに出場し、2019年9月に世界選手権で優勝し、メダリストとして出場しました。 彼は半年前に国際デビューを果たしました。

厳しいレースで、山口は23歳のパラリンピックデビュー選手であるマイケルより0.1秒早く最初の50メートルをフィニッシュした後、ストレッチを下った。 彼は今年5月に横浜で設定された0.23の世界記録を破った。

「マイケルを簡単に見て、彼はとても近くにいると思った。しかし、いつものように水泳に集中した」と彼は言った。

「ここではバタフライやリレーのイベントに出場しているので、その場所の雰囲気に慣れて、水をよりよく感じることができたと思います。」

愛媛県出身の山口さんは、3歳で自閉症と診断されました。

競泳では、彼は遅咲きで、2017年の全国知的障害者水泳競技会の200m自由形競技で最後にフィニッシュしました。 しかし、彼はすぐに前進し、新たな高みへと進みました。

「SB14クラスの競技者として、私たちは世界中の障害のあるアスリートとつながり、直面するさまざまな課題を共有することができました」と彼は言いました。 「それが水泳の魅力だと思います。」

彼は、コロナウイルス感染のために1年間延期された東京パラリンピックのチケットを予約した最初のスイマーでした。

山口は日曜日に金メダルを獲得する前に、男子S14100バタフライと4×100自由形リレーの両方で4位でフィニッシュしました。 前のものでは、彼はわずか0.21でメダルを失いました。

鈴木貴之は、男子S4100自由形で日本の他の水泳金メダルを獲得しました。 車いすレーサーの佐藤朋樹が金曜日に国立競技場で男子400mD52を獲得した。

山口はすでにパラリンピックチャンピオンになるという新たな決意を持っていると彼は語った。

「パラリンピックの金メダリストとして、これ以上競争するときはいつでも、今日と同じようなパフォーマンスをしたいと思っています。」

READ  日本では外国のオリンピックチームの「カタカナコスチューム」が注目されています