Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

山形県は健康増進のために「1日1回笑うルール」を導入

山形県は健康増進のために「1日1回笑うルール」を導入

山形ですそれは冗談ではありません。 ここの郡議会は住民に毎日楽しく笑うことを奨励する法律を可決したが、一部の議員は人権を理由にこの法律を歓迎していない。

自民党が主催するこの政令は、地方住民に「少なくとも1日1回は笑うなど、笑いを通じて心身の健康増進に努める」よう呼び掛けている。

経営者らには「笑いがあふれる職場環境の整備」も求めている。

この条例は定例会最終日の7月5日に賛成多数で可決された。

この研究は、よく笑う人は早死のリスクが低いという山形大学医学部の研究結果に基づいたもの。

同協会は毎月8日を「県民の笑いによる健康増進の日」と定めている。

自民党が地方議会で過半数の議席を維持

立憲民主党などの国会議員と日本共産党の国会議員でつくる「勤政クラブ」は笑うわけにもいかず、決議案に反対票を投じた。

金星クラブの石黒悟氏は7月5日の本会議で「病気などで笑うことが困難な人々の人権を侵害してはならない」と述べた。

日本共産党の関亨氏は「笑うか笑わないかは思想・信条の自由、内面の自由など憲法で保障される基本的人権の一つだ」と述べた。

これに対し、自民党の伊藤かおり氏は「今回の決定は国民に笑いを強要するものではない。個人の決断の尊重も強調している」と述べた。

山形県議会事務局によると、この政令は山形県議会で可決されるのは初めてとみられる。

北海道は8月8日を「笑いの日」と定め、大阪府は笑いによる健康増進を図る取り組みを実施した。

READ  新しいカメラ システムにより、鳥やミツバチの目を通して世界を見ることができます