Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岡崎朔と朋也が日本初の世界チャンピオンになりました

ベオグラードで男子ウェルター級とファントム級のタイトルを獲得した後、岡崎朔と朋也は金曜日に日本初のボクシング世界チャンピオンになりました。

東京オリンピックの岡沢(25)は、オマリ・ジョーンズとの決勝戦で後ろ足で立っていたが、第3ラウンドと最終ラウンドで右ジャブと左ストレートパンチでジャッジのスコアボードでアメリカ人を3-2でノックした。

「あなたは私を信頼しなければならないと思った。疑いがあったら負けていただろう」とサウスポー岡沢は準決勝で左肩の負傷を負ったと付け加えた。

ジョーンズは岡沢をロープに背負わせたが、日本人は決勝ラウンド前のプレッシャーにもかかわらず、彼の独特のフットワークをクリックして遠くから攻撃した。

夏のオリンピックメダルを逃した岡沢マルカは、「もう誰も倒したくない。絶望していた」と涙を流しながら語った。 強くなりたい」

25歳のSuboyは、カザフスタンのMahmoudSabirkhanを5-0で破った。

日本のスボイトモヤは、金曜日にベオグラードで開催されたAIPA世界ボクシング選手権で男子54kg級を獲得しました。 | AFP-JIJI

彼は第1ラウンドの後に3-2で引きずりましたが、第2ラウンドでの彼の強力な勝利は相手のペースを止めました。

「私の敵はもはや私に対してトリックをもたらすことはありません。 東京オリンピックへの出場権を獲得できなかったスボイは、1つか2つのレベルでボクシングをしたいと考えています。 「私はパリオリンピックで金メダルを狙っています。」

受賞者には、鹿児島県鹿屋市でアマチュアボクシングを作るために岡沢が使用したいと考えていた10万ドルの賞金が授与されました。 昨年7月に市は洪水に見舞われた。

世界ボクシング選手権は1974年から開催されており、村田リオタは2011年ミドル級選手権で2位に終わった。これは、これまで日本人男性が獲得した3つのメダルの中で最高の結果である。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  松山がマスターズで優勝し、日本初の男子メジャーチャンピオンになりました