Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸橋とSLSOがパワフルなコンサートで日系アメリカ人の強制収容所を探検| コンサートレビュー



キッシュバチ


画像提供SLSO


ポストディスパッチに特別なダニエルドルシュルツによって書かれました

金曜日の夜のセントルイス交響楽団とのコンサートの奥深くで、マルチインストゥルメンタリストで歌手の石橋薫、別名岸橋は、トーキングヘッズの有名なカバーである石橋薫がフットペダルを使ってソロ曲を演奏しました。彼は自分のバイオリンとダブルスのパートを繰り返し、彼の歌に完全で豊かな裏付けを提供します。

それから彼は、「何人かの人々は 『あなたは一人のオーケストラのようだ』のようだ」と言って、不条理を指摘した。 「これは本物のオーケストラです」と彼はSLSOミュージシャンに言及して付け加えました。

フルオーケストラでの初公演であると述べ、「これが私の夢だった」と語った石橋自身ほど、コンサートの経験に驚いた人はいないようだった。

印象的な外観でした。 ノーマン・フインが指揮したSLSOは、石橋のメロディーと空気のようなサウンドスケープに、時折の楽しみを損なうことなく、かなり新しい深さと幅を提供しました。

「創世記は彼と彼女にとってほろ苦い」という最初の数字を締めくくった後、石橋は「わあ!」と叫んだ。 しかし、群衆が彼のパフォーマンスを通して彼に熱狂的な、さらには熱狂的なサポートを与えたので、彼は彼の愛情に一人ではありませんでした。

石橋は4枚のスタジオアルバムから素材を提供し、彼のポップな作曲は、オーケストラの伴奏を確実にするために、音楽的および叙情的に十分に豊かで複雑でした。

READ  BAFTA副社長がノエルクラークを称える決定を擁護| ノエルクラーク