Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田は日本が原子力潜水艦を買うのを警戒していた

日本の岸田文雄首相は日曜日、国防能力を強化するために原子力潜水艦の購入について慎重な訪問を行い、一部の野党は来月の議会選挙に先立って呼びかけた。

岸田氏は、7月10日の選挙の公式キャンペーンが水曜日に始まるので、他の党首と一緒にフジテレビ番組に出演したとき、「原子力潜水艦に飛び込むのが良い考えかどうかはわからない」と述べた。

首相は、原子力を軍事目的で使用することの難しさと日本の原子力法の下での高い運用コストを挙げた。

しかし、与党自民党の岸田文雄首相は、ロシアのウクライナ侵攻と中国の軍事的安定が日本の安全保障上の課題を浮き彫りにした時期に、日本の安全保障を強化する必要性を強調した。

私たちは人々の命と彼らの生計を守るために何を優先すべきかを見ます、と彼は言いました。

自民党の公明党のリーダーである山口那津男氏は、原子力潜水艦のアイデアは「非現実的」であるという岸田の見解を繰り返した。

日本発見党の松井一郎首相と人民民主党の玉城由紀郎首相は、原子力潜水艦の迎撃とスパイの能力を高めるよう求めた。

日本は「抵抗力を高めるために高度なタイプ(潜水艦)を持たなければならない」と松井氏は述べ、玉城氏は監視と偵察活動を強化するための原子力潜水艦の水中能力の利点を強調した。

日本は専ら太平洋憲法の下で安全保障政策に取り組んでおり、国防費はGDPの1パーセントに制限されています。

日本の立憲民主党の党首である泉健太氏も、原子力潜水艦の買収に反対し、国の安全は「いくつかの豪華な装備を追加するだけでは強化されない」と述べた。

とりわけ岸田文雄は、円安による輸入品価格の高騰によるエネルギー・食料品価格の高騰の影響を緩和するための措置を講じることへのコミットメントを再確認した。

日本共産党の志位和夫首相は、政府に対し、消費税率を5%に引き下げ、賃金を引き上げるよう求めた。

政府19のエピデミックに悩まされている経済を活性化し、インフレを加速させ、長期的な成長のためのカリキュラムをリストアップすることは、参議院の競争にとって重要な問題であると予想されます。

CDPJや他の主要な野党も消費税の引き下げを求めている。 一方、与党連立は、国の年金や医療に資金を提供するために、現在の消費税率を10%に引き上げる必要があると見ている。

「インフレと戦うためには、賃金を大幅に引き上げる必要がある」と、CDPJの泉首相は日曜日の会合でビジネスリーダーや学者のグループに語った。

「消費税の減税は、コストの増加に大きな役割を果たすだろう」と彼は付け加えた。

これとは別に、岸田氏は、先進国では日本の財政状態が非常に悪いため、金融市場からの信頼を得るために経済金融政策を導くべきであると会議に語った。

経済成長と富の共有の両方を達成することによって資本主義の新しいバージョンを推進している岸田は、中産階級を支援することの重要性を強調した。

「経済が成長するまで、財政再建はないことを覚えておく必要があります」と彼は言いました。

連立は今、補欠選挙でのグラブのために248議席のうち125議席を争うでしょう。


関連する報道:

日銀の政策は、円だけでなく「詳細に」設定されるべきである:岸田

日本は5月下旬に2023年G7広島サミットを開催します


READ  日本の地震後のスマニ警告