Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田文雄首相のブラジリア訪問中、ブラジルと日本が38の協定に署名 – プラナルト

岸田文雄首相のブラジリア訪問中、ブラジルと日本が38の協定に署名 – プラナルト

共和国のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領は、2024年5月3日金曜日、ブラジルを公式訪問した日本の岸田文雄首相をプラナルト宮殿で出迎えた。 両首脳は、貿易、エネルギー転換、持続可能な農業、土地開拓における投資と協力について協議した。 二国間会談の終わりに、38の協力覚書が署名された。

「ブラジルは、日本とブラジルのビジネス提携に豊富な機会を提供しています。私たちブラジル人にとって、良い貿易とは、単に物を売る、あなたが売る、という双方向の道ではない、ということを私はよく強調しています。売って、売って、そして何でも売って、売って、買ってください。」 二国間会談後、ブラジル大統領は報道陣向けの声明で「あなた方は買っている」と宣言した。

首相の訪問は、ブラジルと日本の世界的な戦略的パートナーシップを強化し、両国間の貿易を拡大することを目的としている。 さらに、「ブラジルと日本間の貿易額は約180億ドルだったが、現在は110億ドルに減少しており、これは大幅な減少だ」と強調した。

2023年、日本はブラジルにとってアジアで2番目に大きな貿易相手国、世界で9番目に大きな貿易相手国となり、貿易額は117億米ドルに達し、ブラジルの黒字は14億9,100万米ドルに達した。 今回の訪問に同行する日本経済代表団は、日本経済の主要分野のビジネスマン46名で構成されている。

「投資を検討する際、ブラジルを訪れる日本のビジネスマンたちに、世界地図を見てこう言ってもらいたかったのです。なぜならブラジルは、日本人が定住し、関わり、住んでいる場所だから、私が投資する場所だからです。」 「人口は約 300 万人です」とルーラは結論付けました。

協定 訪問中に38件の協力覚書が締結され、そのうち36件は公共部門、2件はブラジル企業と日本企業の間で締結された。 日本の首相は、「これらの覚書は二国間経済関係の更なる進展への刺激となる」と述べた。

政府の分野では、農業および荒廃地域の土地回復における協力が重点分野であり、特に食糧安全保障と地球温暖化の影響の緩和に重点が置かれている。 これが日本・ブラジル・グリーン・パートナーシップ・イニシアチブの目標です。 日本にとって、ブラジルは国民の食料安全保障の分野における戦略的パートナーとなっている。

この協定は、農業・畜産・食料供給省(MAPA)、農業開発・家族農業省(MDA)、ブラジル農業研究財団(EMBRAPA)、および国際協力機構(JICA)の間で署名された。

この取り組みにより、日本は荒廃した放牧地を持続可能な農林生産システムに転換するための国家計画(PNCPD)に貢献する最初の国となった。 このプログラムは、農業の生産性と環境の持続可能性を組み合わせるというブラジルの戦略に沿って、今後10年間で4,000万ヘクタール(約9,880万エーカー)を回復することを目指しています。

大統領府の制度安全局(GSI)と日本の外務省もサイバーセキュリティの分野で協力する予定だ。 両国は人工知能分野での提携に関心を表明した。 一方、ブラジル開発産業貿易サービス省と日本の経済産業省は産業分野で協力する。

ブラジル貿易投資促進庁(ApexBrasil)と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、特にイノベーション関連分野などでの投資を促進するためのパートナーシップと事業開発を強化する覚書を締結した。

二国間会談後に発表されたプレスリリースの中で、岸田文雄氏は二国間関係とメルコソルとの協力強化の大きな可能性を強調した。 同氏は、貿易協定への移行を将来の目標として、ブロックとの関係を強化する日本のコミットメントを強調した。


ルーラと日本の首相が法律に署名し報道陣に演説 | ブロードキャスト: チャンネルルーラー

国際情勢 ルーラ氏と岸田氏はまた、世界の地政学と、現在ブラジルが議長国を務めるG20や国連を含む、平和、民主主義、国際統治改革のための多国間フォーラムでの協力についても議論した。

「日本政府は、G20議長国としてブラジルの優先事項を支持し、リオでのG20サミットの成功に向けて協力する決意を確認した。日本は、自由で開かれた国際秩序を維持し、強化するためにブラジルと協力していく」と述べた。法の支配について。

岸田氏にとって、困難な国際情勢を踏まえると国連の強化は極めて重要だ。 「安保理改革については、国連創設80周年を機に来年9月に開催予定のサミットに向けて、G4諸国が協力して具体的な措置を講じていくことを確認した」と強調した。来年。” 日本とブラジルは、ドイツ、インドとともに、国連安全保障理事会の改革を訴え、常任理事国入りを求めるグループ4の一員である。

日本の首脳はまた、環境保全と気候変動を差し迫った問題として分類し、これらの課題に対処するためにブラジルとのパートナーシップを拡大することに関心を表明した。 「我々はルーラ大統領のリーダーシップに感謝し、来年第30回締約国会議をブラジルが主催することを歓迎する。二国間協力には地球規模の課題に対処し、環境保全、気候変動、持続可能な開発に関する協力を強化する大きな可能性がある。 」と岸田氏は強調した。

パートナーシップと友情 —岸田文雄氏は、日本の首相としての10年間で初めてブラジルを公式訪問できたことに満足感を表明した。 「訪問中に受けた温かい歓迎とおもてなしにルラ大統領とブラジル国民に感謝したいと思います。日本とブラジルには19世紀にまで遡る長い友好の歴史があり、国の農業開発などの顕著な成功を収めてきました。 1970 年代のセラードと 21 世紀の最初の 10 年間の地球デジタル テレビの分野での協力。

2023年、ブラジルと日本は両国からの観光客の短期旅行に対する相互ビザ免除制度を創設した。 ルーラ氏は「これは日伯関係における例外的な進展だと思う」と述べ、この協定が観光業にプラスの影響を与えることを強調した。 ブラジル大統領はまた、大阪万博の機会に2025年に日本を訪問するという首相の招待を受諾したことを示した。 これは両国の外交関係樹立130周年を記念するものである。

国交 ブラジルは国外で最も多くの日系人人口を擁しており、推定200万人以上と推定されているが、日本は海外で5番目に大きなブラジル人コミュニティを擁しており、約21万1,000人の国民がいる。 両国は戦略的かつ世界的なパートナーシップを維持しており、8月で10周年を迎える。 両国間の主要な政治メカニズムは2014年に設立された首相対話であり、近い将来年次会合が開催される予定である。 前回の対話は2023年にブラジリアで開催された。

ブラジルと日本の外交関係は活発化しており、一連のハイレベル訪問が議題となっている。 2023年、ルーラ外相は広島でのG7サミット中に岸田首相と会談し、マウロ・ヴィエイラ外相は林芳正外相と会談した。 2024年、マウロ・ヴィエイラ外相はリオデジャネイロでのG20顧問会議中に現外務大臣の上川陽子と会談した。

訪問は続く 5月4日土曜日には、日本の首相がサンパウロを訪問する予定です。 岸田氏は日本パビリオンを訪問し、日系ブラジル人コミュニティの代表者らと昼食をとり、両国の民間部門のリーダーが参加するイベント「ブラジル・日本ビジネスフォーラム」に参加する。 このフォーラムは、ApexBrasil と日本貿易振興機構 (JETRO) の支援を受けて、業界団体によって主催されています。

日本は、支配特許ベースでブラジルへの外国投資家として第8位にランクされており、投資額は約285億ドルとなっている。 日本の投資は多岐にわたり、自動車、電気材料、鉄鋼生産などの分野に広がっている。

READ  災害による死者数は減少しているが、温暖化した地球では被害が増加している