Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田氏との出会いは難しい問題を未解決のままにする

中国と日本の指導者は、今週バンコクで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APAC)サミットの傍らで、ハイレベルの対話を再開し、交流を増やすことに合意したが、専門家は、両国が長期にわたる摩擦を緩和するためにどれだけの進歩を遂げたかを疑問視している.彼らの国の間。 .

木曜日の45分間の会談で、岸田文夫首相と習近平国家主席は「建設的で安定した」関係を構築し、環境保護、省エネ、健康管理における協力を強化し、ハイレベルの二国間経済対話を再開することに合意した。

岸田氏は開会の辞で、「中国と日本は、この地域とより広い国際社会の安全と平和を確保する責任を負っている」と述べた。

2021 年 10 月に日本の第 100 代首相に就任した岸田氏は記者団に対し、彼と習氏は接触を再開することに同意し、日本の外相は近い将来中国を訪問すると語った。

岸田氏は 2012 年から 2017 年まで日本の外務大臣を務め、2017 年には防衛大臣代理を務めていた。彼は過去に、地域や世界における中国の力と影響力の増大を懸念していた。

岸田氏は最近、11 月 13 日にカンボジアで開催された東アジア首脳会議で、これらの懸念を繰り返した。

「東シナ海での中国による日本の主権を侵害する行動が持続的かつ増加している。中国はまた、南シナ海で地域の緊張を高める行動を取り続けている」と彼は日本の外務省が発表した声明で述べた。

習近平国家主席は、木曜日の会談で、両国間の共通の懸念と課題に対する中国の立場を強調した。

中国の習近平国家主席は、2022 年 11 月 18 日、タイのバンコクで開催された APEC サミットで、アジア太平洋経済協力 (AELM) の第 29 回経済首脳会議の後にジェスチャーを示します。

中国の国家主席として前例のない 3 期目を迎えた習近平国家主席は、主要な海洋および領土紛争は「誠意を持って適切に対処しなければならない」と述べ、中国は「内政に干渉するいかなる言い訳も受け入れない」と述べた。中国の外務省。

習主席は台湾、北京が自国の省と見なしている島嶼自治民主主義国家、そして東シナ海に点在する島々に言及しており、日本では尖閣諸島、中国では釣魚島として知られている。 無人島をめぐる長期にわたる論争は、主に日本の排他的経済水域 (EEZ) の境界と大陸棚の境界をめぐる意見の不一致によるものです。

米国下院議長のナンシー・ペロシが8月に台湾を訪問した後、中国は台湾周辺で数日間の激しい軍事演習を実施し、島上空で弾道ミサイルを発射し、そのうち5発が係争中の島の近くに着陸した.

「今回の中国の行動は、私たちの地域と国際社会の平和と安定に深刻な影響を与える」

今週の習主席との会談で、岸田氏はこれらの海域における「平和と安定」の重要性を強調し、両国の国防当局間のコミュニケーションを強化することに合意した.

台湾の福金カトリック大学の日本・東アジア研究センターの所長であるHo Szu-shen氏は、VOAマンダリンに次のように語った。もちろん、現在の中日関係は比較的冷たい状態だと思いますが、どちらも関係をこれ以上悪化させたくはありません。」

日本の岸田文夫首相は、2022 年 11 月 18 日にバンコクで開催されたアジア太平洋経済協力 (APEC) サミットの一環として、アジア太平洋経済協力機構 (APEC) のビジネス諮問委員会との APEC 首脳対話を歓迎した。タイ。

日本の岸田文夫首相は、2022 年 11 月 18 日にバンコクで開催されたアジア太平洋経済協力 (APEC) サミットの一環として、アジア太平洋経済協力機構 (APEC) のビジネス諮問委員会との APEC 首脳対話を歓迎した。タイ。

安倍首相は、2006 年から 2007 年までと 2012 年から 20 年までの 2 期にわたって日本の首相を務めました。菅氏は、2020 年 9 月から 1 年間、首相を務めました。

日本平和安全研究所所長で元国防次官の徳地秀志氏は、台湾海峡における日本と中国の立場は依然として大きく離れていると考えている。 彼は、中国の立場は常に非常に厳しく、対話によって状況を緩和することはできないと述べた。

「日本の立場は、台湾と中国が対話を通じて台湾海峡をめぐる問題を平和的に解決できることを期待することであり、日本は現状を変えるために武力を行使することを受け入れません。一方、中国はこれを放棄したことはありません。これは中国の内政問題であり、台湾海峡問題をめぐる日本と中国の意見の相違を解消するのは本当に難しいと思う」と述べた。

別の係争中の領土である尖閣諸島に関して、岸田氏は、無人島の近くに中国政府の船が常に存在し、日本の領海に定期的に侵入していることについて「深刻な懸念」を伝えたと述べた.

「今月だけでも、中国の船が尖閣諸島周辺の水域に 2 回侵入し、国境を越えた」と徳地氏は VOA マンダリンに語った。

「今回の岸田首相にとって最も重要なことは、中国と日本に対し、日本の領土を断固として守り、日本の主権のいかなる侵害も容認しないという決意をしっかりと伝えることだと思う」と述べた。

尖閣諸島に関して、日本の立場は非常に明確です。 尖閣諸島は歴史的にも国際法上も日本の領土です。 実際、尖閣諸島も日本の支配下にあり、解決すべき領土問題などありません。」

Adrianna Zhang は、このレポートに貢献しました。

READ  プラグアンドプレイジャパンは、大阪と東京で3番目のスマートシティ加速プログラムを開始しました