Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田首相、日本は石炭火力発電所の容赦ない建設をやめるだろうとCOP28で発言

岸田首相、日本は石炭火力発電所の容赦ない建設をやめるだろうとCOP28で発言

[東京 1日 ロイター] – 日本の岸田文雄首相は金曜日、ドバイで開催されたCOP28気候変動サミットで、排出削減策がない場合、日本は石炭火力発電所の新規建設を中止すると述べた。

岸田氏は「ネットゼロへの道に沿って、日本は安定したエネルギー供給を確保しつつ、国内の石炭火力発電所の新規建設を中止する」と述べた。

この公約は、エネルギー不足の日本が、福島原発事故を受けて複数の原子力発電所が停止したことを受け、化石燃料への依存が高まる中、2030年までに炭素排出量を2013年比で46%削減するという目標とのバランスを模索している中で行われた。 。

この誓約は、日本が今年議長国を務める先進7か国グループ(G7)の、容赦ない石炭火力発電プロジェクトをできるだけ早く終わらせるという約束と一致している。

研究センターエンバーの報告書によると、化石燃料は2022年の日本の電力の71%を占め、総排出量は過去20年間で19%増加した。

日本の外務省当局者は、現在建設中の石炭火力発電所は既存の計画に沿って建設されているため、この誓約は適用されないと述べた。 同氏は、日本も現在稼働中の石炭火力発電所への依存度を減らすよう努めると付け加えたが、詳細には触れなかった。

この高官は名前を明らかにすることを拒否したが、この技術が出現すれば日本は縮小石炭火力発電所を建設する可能性があると述べた。

2010年には日本の電力の約25%が原子力発電で発電されていたが、その前年、大規模な地震と津波が福島原子力発電所の三重炉心メルトダウンを引き起こし、当初約47万人が避難した。

それ以来、日本は原子力の安全性に対する国民の懸念の中、多くの原子力発電所を停止し、化石燃料、特に石炭と天然ガスへの依存を高めている。 日本は現在、必要なエネルギーの約5%を原子力から得ています。

エンバー報告書によると、2022年の日本の化石燃料への依存度は米国の60%、中国の64%よりも高かったが、電力需要の約77%を石炭とガスに依存していたインドには及ばなかった。

日本最大の電力会社であるJERAは、共同放出プロセスにアンモニアを追加することで既存の石炭火力発電所からの排出量を削減したいと考えている。このプロセスは2021年に1つの発電所で開始され、来年3月頃に拡大する予定だ。

(東京の村上さくらによる報告 – アラブ報のためにサミが作成) 編集:エカテリーナ・ゴルブコワとミラル・ファミー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  日本はウクライナの救援活動を支援するために世界銀行に4億7100万ドルを寄付 - ウクライナ