Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田首相は、外国人観光客は日本のフェイスマスク規則に従うべきだと言います





岸田文雄首相が2022年5月27日に東京で開催された下院予算委員会に出席(経堂)

東京(京堂)-岸田文雄首相は金曜日、外国人観光客が国を訪れる際にフェイスマスクを着用し、COVID-19に対するその他の予防措置に従うことを要求すると述べた。

岸田文雄の声明は、コロナウイルスへの懸念が薄れる中、6月10日からガイド付きツアーや旅程の決まった旅行者を対象に、日本が2年近くぶりに外国人観光客に国境を開放すると発表した翌日。

岸田文雄氏は下院予算委員会の公聴会で、「フェイスマスクの着用に関する日本の規則に従わせるべきだ」と述べた。

彼は、政府はツアーオペレーターに海外からの観光客に指示に従うように指示し、外国人を受け入れる企業、学校および他の団体に同じことをするように説得することを要求すると述べた。

政府は最近、外でフェイスマスクを着用する必要は必ずしもないと述べており、今後数か月の高温多湿と熱射病のリスクが高まることを考慮して、他の人から2メートル以上離れている場合はマスクを外すことを推奨しています。

観光省は、パンデミック発生前の日本経済の主力である国内観光を再開する前に、ホテルなどのウイルス対策に関するガイドラインを整備する予定です。

岸田文雄氏は、対策を包括的に実施することで、入国制限をさらに緩和することを検討すると述べた。

日本は来週の水曜日から1日あたりの最大到着数を2倍の20,000に増やします。ガイド付きツアーに到着する参加者は数値の上限に含まれるため、緩和による経済への最初の影響は限定的である可能性があります。

日本は、その厳格な国境管理のために国内外で批判されてきました。 しかし、政府当局者は依然として感染症の再発の可能性を懸念しており、国が個々の観光客に国境を再開するのにしばらく時間がかかる可能性があります。

現在のスキームでは、最初は、感染のリスクが最も低い98の国と地域の「ブルー」リストからのガイド付きツアーに制限されます。 これらには、オーストラリア、英国、中国、タイ、韓国、および米国が含まれます。

READ  FPTSoftwareはIGPIシンガポールと提携して東南アジアのデジタルトランスフォーメーションをサポートしています